スポンサードリンク

2016年4月6日、航空自衛隊入間基地所属の飛行点検機U-125が海上自衛隊鹿屋航空基地周辺で消息を絶ったとのことです。各メディアが一斉に報じています。

NHK:自衛隊機 鹿児島県上空でレーダーから機影消える
時事:6人乗り空自機不明=山に捜索隊-鹿児島
共同:6人乗り空自機消息絶つ、墜落か 鹿児島上空で 電波受信の点検中
朝日新聞:入間基地所属の空自機、通信途絶え行方不明 鹿児島上空
読売新聞:6人乗り航空自衛隊機、鹿児島県上空で消息絶つ
毎日新聞:空自機:6人乗り、レーダーから消える 鹿児島・高隈山か
日経新聞:空自機が消息絶つ 6人搭乗、鹿児島上空で

第一報で一番詳しかったのは毎日新聞でしたので、引用させていただきます。

 6日午後2時35分ごろ、鹿児島県鹿屋市の海上自衛隊鹿屋航空基地の北約10キロで、航空自衛隊入間基地所属の飛行点検機「U125」がレーダーから消えた。空自によると空自飛行点検隊の隊員6人が乗り、陸海空自衛隊や警察、消防がレーダーから消えた高隈山付近を捜索している。上空からの捜索は7日朝から再開する。

 空自などによると同機は午後1時15分に鹿屋基地を離陸し、同4時には同基地に戻る予定だった。機長は40代男性3等空佐で、副操縦士と機上整備員2人、機上無線員2人が乗っていた。機は、基地の航空保安施設点検のため周辺を飛行していたという。

 捜索した航空機からは標高約1100メートルの山に雲がかかっている状態だが、視界は悪い状態ではなかったという。基地周辺は風も普通で視界も良好だった。整備前の点検で異常はなく、レーダー消失前に飛行中の不具合の報告もなかった。

 同機は6日朝に入間基地を離陸し、いったん鹿屋基地に着陸。点検飛行を終え、同日は鹿屋基地にとどまる予定だった。保安施設の点検では、低い高度で滑走路に進入する作業を繰り返しながら周辺を旋回する。杉山良行航空幕僚長は6日夜に会見し、「大変ご心配をおかけしていることをおわび申し上げる」と頭を下げた。

 機が消息を絶った付近を管轄する大隅肝属(おおすみきもつき)地区消防組合(鹿児島県鹿屋市)などによると、市民から午後4時47分に「高隈山の方向に煙が見える」との119番があった。だが、山はかすみ煙は確認できなかったという。自衛隊の捜索隊も煙が見えたとされる方向に向かった。

 鹿屋基地から北北西に約9キロ離れた鹿屋市鳴之尾(めいのお)牧場には、午後5時過ぎから自衛隊員や地元消防隊員、警察官らが集結し、物々しい雰囲気に包まれた。

 牧場の従業員らは、自衛隊から「牧場の周辺で自衛隊機がレーダーから消えた」などと説明を受けた。従業員の中西喜裕(けいすけ)さん(19)は「朝から4人が働いていたが誰も何も見てないし、物音も聞いていない。墜落しているのなら恐ろしい」と驚いた様子だった。

 地元消防も牧場付近に消防隊と救助隊約10人を派遣し、周辺の捜索にあたったが、日没のため捜索を打ち切った。【町田徳丈、尾垣和幸、青木絵美】

出典:空自機:6人乗り、レーダーから消える 鹿児島・高隈山か – 毎日新聞

場所的にはこのあたりですね。鹿屋基地と鳴之尾牧場は目と鼻の先です。

消息を絶ったU-125の諸元はこんな感じです。

U125

自動飛行点検装置を搭載、「航空保安無線施設」の機能を点検します

電波により航空機の航行を援助するための施設である、自衛隊の「航空保安無線施設」の機能の状態を点検するのが「飛行点検機」です。U-125は平成2年度の予算で1機の調達を開始し、計3機を取得しました。その特徴は、低高度から高高度までの飛行点検が可能で、自動飛行点検装置(米国製のAFIS)を搭載していることです。原型は英国ブリティッシュ・エアロスペース社の「BAe125-800」です。

出典:主要装備 U-125|[JASDF] 航空自衛隊

防衛省の公式発表はこのようになっています。

 本日4月6日、入間基地所属のU-125Aが鹿児島県鹿屋基地周辺の飛行点検を実施中にレーダー航跡から消失しました。現在、捜索救難活動を実施中です。

1 発生日時
平成28年4月6日(水)14時35分頃

2 発生場所
鹿児島県鹿屋基地の北約10キロ

3 所属部隊
航空自衛隊飛行点検隊(入間)

4 機種及び機数
U-125×1機(乗員6名)

5 操縦者の状況及び部外への被害状況
詳細について確認中

6 現在までの防衛省・自衛隊の対応状況
14時35分頃 空自飛行点検隊(入間)のU-125×1機がレーダーロスト及び通信ロスト。
15時23分  海自第72航空隊(鹿屋)のUH-60×1機が捜索活動のため航空基地を離陸。
15時50分  海自第211教育航空隊(鹿屋)の地上偵察隊(人員11名)、海自第1航空群(鹿屋)の地上偵察隊(人員40名)が捜索活動のため航空基地を出発。
16時00分  空自新田原救難隊のUH-60×1機が捜索活動のため基地を離陸。
16時03分  空自芦屋救難隊のU-125×1機が捜索活動のため基地を離陸。
16時16分  空自新田原救難隊のU-125×1機が偵察活動のため基地を離陸。
16時23分  空自第5航空団(新田原)の地上偵察隊(人員5名)が鹿屋航空機地に向け基地を出発。
16時25分  海自第211教育航空隊(鹿屋)のSH-60が捜索活動のため基地を離陸。
16時35分  陸自西部方面航空隊(目達原)のUH-1(映像伝送機)×1機が情報収集のため駐屯地を離陸。
16時40分  陸自第12普通科連隊(国分)の地上偵察隊(人員約30名)が駐屯地を出発。陸自第8偵察隊(北熊本)の地上偵察隊(人員6名)が駐屯地を出発。

出典:防衛省・自衛隊:入間基地所属U-125のレーダー航跡からの消失について(17時20分現在)

航空自衛隊飛行点検隊は入間基地所属で、航空自衛隊が装備する3機の飛行点検機U-125はすべて入間基地に配備されているようです。飛行点検隊は全国の航空保安施設165箇所を点検対象としているようです。3機のU-125と1機のYS-11で160箇所をカバーするわけなので、乗務員は相当な熟練であろうと推測されます。

任  務
 飛行点検隊は、入間基地に所在し、陸、海、空自衛隊の43基地にある165航空保安施設の飛行点検を実施しています。

出典:航空支援集団 飛行点検隊

入間基地の隊員ということはうちの地元住民の可能性が高いわけなので、たいへん心配です。無事に帰還されることをお祈りします。

続報があれば追記していきます。

追記(4/7 9:00)

防衛省の公式発表が更新されていました。追記分のみ引用します。

16時47分  陸自第8飛行隊(高遊原)のUH-60×1機が捜索要員輸送のため駐屯地を離陸。以後、北熊本駐屯地で捜索要員を搭載し、国分駐屯地に輸送。
18時18分  空自第5航空団(新田原)の地上捜索部隊(人員45名)が鹿屋航空基地に向け基地を出発。
※ 本日の航空機による捜索は終了。地上捜索部隊は、約120名で活動を継続中。
※ 明朝から航空機、地上捜索部隊(約400名態勢)が活動予定。

出典:防衛省・自衛隊:入間基地所属U-125のレーダー航跡からの消失について(22時30分現在)

追記(4/7 14:30)

残念ながら、乗員6名全員が心肺停止で発見されたとのことです。

 航空自衛隊入間基地所属の飛行点検機「U125」が鹿児島県上空でレーダーから消えた事故で、自衛隊は7日午後、同県鹿屋、垂水両市にまたがる高隈山周辺で銀色の箱状の破片を発見した。行方不明になっていた同機の破片の一部である可能性が高い。また、周囲に乗っていた隊員6人とみられる姿を確認した。全員心肺停止という。

 同機に乗っていたのは40代の男性3等空佐の機長と副操縦士、機上整備員2人と機上無線員2人。レーダーから消えた周辺は、鹿屋市の海上自衛隊鹿屋航空基地から北北西に約10キロの標高1100メートルほどの山間部で、中腹にある鳴之尾(めいのお)牧場から北東4キロの地点。

 空自によると、同機は6日午後1時15分に鹿屋市の海上自衛隊鹿屋航空基地を離陸。航空機に方位や距離を伝えて着陸誘導などをする無線施設からの電波の発信状況を点検していた。西側から滑走路に進入した後、反時計回りで半径約11キロの円を描くように飛行しようとしていた同午後2時35分ごろ、約880メートル上空でレーダーから消えた。救難信号の発信は確認されていない。【町田徳丈】

出典:空自機不明:心肺停止の6人発見 鹿児島の山中 – 毎日新聞

追記(4/8 16:00)

乗員全員の死亡が確認されるとともに、氏名が公表されました。ご冥福をお祈りいたします。

6日、鹿児島県の山中に自衛隊機が墜落した事故で、防衛省は、現場で見つかった乗員とみられる6人の死亡を確認したと発表しました。
また、防衛省は乗員6人の名前を公表しました。
乗っていたのは、機長の平岡勝3等空佐(46)、副操縦士の原口司1等空尉(34)、機上無線員の白鳥博己准尉(52)、機上整備員の渡貫郁夫空曹長(43)、機上整備員の米澤鉄平2等空曹(34)、機上無線員の聞間祐太3等空曹(27)の6人です。

出典:自衛隊機墜落 防衛省が6人の死亡を確認 | NHKニュース

LINEで送る
Pocket