スポンサードリンク

今年のゴールデンウィークは暦通りの出勤だったので遠出ができませんでしたが、天気が良かったので近場の奥多摩へ走りに行ってきました。

まずは奥多摩湖まで一時間ほどドライブです。到着が朝9時頃でしたが行楽客がかなり来ていてびっくりしました。

takanosu

交番で登山届を提出して、さっそくスタート。今回は峰谷から入山するのでしばらく車道をジョギングです。

狭い歩道に冷や冷やしながら30分ほどで峰谷橋に到着。まだ駐車場には空きがありました。

takanosu

峰谷橋から集落の中を歩いたり走ったりのんびり行きます。時折民家の庭先を通ると住民の方が優しく挨拶してくれます。本当にこの辺の人たちはいい人たちばかりで癒されます。

峰谷までは一時間ほどの林道歩きで傾斜も急なので地味に体力を削られます。このあたり、ほとんど写真がありません。

赤指(アカザス)尾根の登山道に入ってからも急登の連続です。千本ツツジの石尾根分岐までほとんど歩きで一時間半かかりました。

takanosu

石尾根に出るとさすがに快適な尾根道です。一気にテンションが上がってきました。

石尾根までの登りで水を飲み干してしまったので七ツ石の水場へ向かいます。水は冷たく量も多いので生き返る心地でした。石尾根はほとんど人がいませんでしたが、ここは雲取山への登山道になるので頻繁に登山客が行き来していました。

takanosu

水も補給したので石尾根を戻って鷹ノ巣山へ向かいます。ちょくちょく展望が広がる場所があって解放感があります。

takanosu

富士山もよく見えました。

takanosu

鷹ノ巣山避難小屋へ一時間ちょっとで到着しました。ウィダーインとカロリーメイトで補給して、鷹ノ巣山の最後の登りに向かいます。

takanosu

鷹ノ巣山頂へ到着。奥多摩湖から4時間半ほどでした。やはり人気の山だけあって山頂は老若男女の登山者で賑わっていました。やはり稲村岩尾根方面から登ってくる人が多かったようです。

takanosu

本当は六ツ石山経由で奥多摩湖に下ろうと思っていたのですが、あまりの暑さに水が不足しそうだったので、水根沢へ下りるルートにしました。木陰で涼しく走れましたが、斜面が急でちょっと膝が痛くなりました。

石尾根を走ったのは初めてですが、想像以上に走り易くて快適でした。ちょっと水場が少ないので、今度からは水は多めに持つようにしようと思います。

LINEで送る
Pocket