スポンサードリンク

2015年10月に政府主導で設立された「子供の未来応援基金」ですが、当初は寄付金が思うように集まらず多くの批判を浴びました。

特に、2016年3月に民主党の蓮舫代表代行が参院予算委員会で「2億円以上の税金を使って呼びかけているのに、集まった寄付は約2千万円」と批判したことで、大きく報道されました。

 子どもの貧困対策のために寄付を募る「子供の未来応援基金」をめぐり、民主党の蓮舫代表代行は2日の参院予算委員会で、費用対効果の悪さを指摘した。2億円以上の税金を使って呼びかけているのに、集まった寄付は約2千万円。蓮舫氏は「2億円を基金に入れれば良かった」と訴えた。

 基金は昨年10月に創設。集まった資金を子どもの支援活動をするNPOの支援などに充てる計画だ。政府はポスターの制作やフォーラム開催のほか、インターネット広報関連などで約2億円使ったが、寄付は今年2月現在で約1949万円しか集まっていない。

出典:「2億円以上かけて寄付は2千万円」 蓮舫氏が批判:朝日新聞デジタル

私は3月の報道でその存在を知りました。貧困問題についてはかねてから関心がありましたが、具体的に自分に何ができるのかよくわからず、何もできていませんでした。「子供の未来応援基金」は国が関わって総合的に支援が行われるということで、私のように「何をどうしたらいいのかよくわからないけど何かできることがあればやりたい」という心境の人には適した仕組みだと感じました。福祉関係は問題が複雑に絡み合っているので、プロに任せるのが一番です。

私にも生活があるので、少なくて心苦しいのですが、とりあえず毎月5000円ずつ寄付することにしたのですが、先日寄付金の領収書が送られてきました。寄付金控除に使うための大事な書類です。電子データで送られてきたのは初めての経験ですが、郵送にかけるコストがあるなら支援に使って欲しいところなので、よいやり方だと思います。

receipt

それで思い出したように寄付の状況はどうなっているのか確認してみたところ、5月1日時点で総額1億5683万円に達している模様です。

創設後半年で2000万円だったところ、2か月で1.4億円ですから大きな成果です。NTTドコモ*1やイトーヨーカドー*2による協力もあるようですが、私のように報道で存在を知って寄付に応じた人も多いのではないかと思います。

*1: NTTドコモ様による子供の未来応援基金への御寄付の仕組みの創設
*2: イトーヨーカドー全店舗のレジで子供の未来応援基金への募金開始

広告費の無駄使いと批判した報道が最大の広報になるという皮肉な結果になっていますが、文句ばっかり言ってないで少しでも金出せばいいのに、と思っていたので、世の中捨てたもんじゃないな、と思いました。

必要な金額に対しては全然足りていない状況だと思いますが、多少時間がかかっても確実に支援の輪が広がっていくと良いなと思います。

LINEで送る
Pocket