スポンサードリンク

前日飲みに行って帰りが遅かったので昼寝をしていたんですが、うちの隣の空き地の前に共産党の街宣車が停まって大音量で演説を始めたので叩き起こされました。

弁士は地元入間市の市議会議員、小出わたると名乗っていました。演説の内容は、安倍政権の批判と共産党が今夏の参議院選に擁立する伊藤岳氏への投票の呼び掛けでした。

この地域は最寄駅から徒歩20分かかる住宅街で、高齢化が進んだ昨今は日曜の昼など鳥と虫の声しか聞こえないような場所です。彼がスピーカを向けている正面の家には、二歳になったばかりの乳幼児がいる家庭が住んでいます。多くの家族の団欒を大音量で一方的かつ暴力的に破壊しながら平和を訴える姿は狂気の沙汰としか思えません。

私は今夏の参議院選挙では、共産党伊藤岳氏には絶対に投票しません。また今後入間市議会選挙で共産党候補に投票することは絶対にありません。妄想に近い戦争の恐怖を煽るよりも、目の前の平穏な生活を守れる政治家を求めます。

LINEで送る
Pocket