スポンサードリンク

2016年6月22日(水)、参議院選挙が公示されました。

埼玉県民に戻ってから2回目の国政選挙になります。大学生だった1998年の第18回にも埼玉県選挙区で投票しているはずですがまったく記憶がありません。

地元埼玉県選挙区は定員3名に対して現職3名、新人4名の計7名の立候補がありました。

関口昌一(63)(自民・現3期)

埼玉県秩父郡皆野町出身。明海大学歯学部出身。地元皆野町で歯科医院を開業。1995年から埼玉県議(3期)、2003年補欠選挙で参議院初出馬初当選、以来参議院議員(3期)。経歴、実績、地盤、どこを取っても負ける要素が見当たりません。当選はほぼ確実と思っていいんじゃないでしょうか。

sekiguchi
出典:Twitter

4選を目指す自民現職の関口昌一氏(63)は、消費税率10%引き上げの再延期を含め「アベノミクスは道半ば。10%に引き上げられるよう経済を立て直し、所得が増えるようにする」と訴える。

出典:<参院選>埼玉選挙区7人選挙戦へ 経済政策の是非、憲法改正で攻防

公式サイト:自由民主党 参議院議員 関口まさかず
Facebook:関口 まさかず
Twitter:@sekiguchi0229

大野元裕(52)(民進・現1期)

埼玉県川口市出身。慶応義塾大学法学部、国際大学大学院を経て外務省へ。2010年の前回選で初出馬して3位当選。祖父が元川口市長 大野元美氏。前回は民主党が2人擁立で苦戦したようですが、今回は単独出馬ですからトップ当選も狙える位置にいます。

ohno
出典:Twitter

生活から推薦を受けた民進現職の大野元裕氏(52)は「アベノミクスは成長戦略なき、金融政策だ」と批判し、経済政策の転換を強調。安保法制については「日本の領土、領海を守る条文がない」とし、安保法制の見直しを主張する。

出典:<参院選>埼玉選挙区7人選挙戦へ 経済政策の是非、憲法改正で攻防

公式サイト:大野もとひろ参議院議員(埼玉県選出)公式ホームページ
Facebook:大野もとひろ (参議院議員 埼玉県選出)
Twitter:@oonomotohiro

西田実仁(53)(公明・現2期)

東京都西東京市出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、中国留学を経て、東洋経済新報記者。2004年参議院選に初出馬初当選以来現職2期。前回は関口氏に続いて2位当選。党の要職も歴任しており実績もありますから、余程のことがなければ当選は固いのではないでしょうか。

nishida
出典:Twitter

3選を期す公明現職の西田実仁氏(53)は、中小企業の景気底上げなどを公約に掲げる。自民から推薦を受け、経済政策の継続を主張。「中小企業が収益を上げ、そこで働く人の給料が上げられる環境をつくることが、アベノミクス成功の鍵」と支持を求めた。

出典:<参院選>埼玉選挙区7人選挙戦へ 経済政策の是非、憲法改正で攻防

公式サイト:西田まこと | 参議院議員 西田まこと
Facebook:西田まこと
Twitter:@m_nishida

伊藤岳(56)(共産・新)

埼玉県川口市出身。文教大学人間科学部卒業。2010年参議院選6位落選、2013年参議院選5位落選。3度目の正直なるか、ということころですが、現職三名がかなり固いので食い込むのは難しいのではないでしょうか。

ito
出典:Twitter

1998年以来の議席獲得を目指す共産は、新人の伊藤岳氏(56)=生活推薦=を擁立。伊藤氏は安保法制の廃止を強く訴えながら、「個人消費は2年連続、実質賃金も5%マイナス。アベノミクスは大失敗」と、現政権を強く批判した。

出典:<参院選>埼玉選挙区7人選挙戦へ 経済政策の是非、憲法改正で攻防

公式サイト:伊藤岳 | 2016年参議院埼玉選挙区予定候補
Facebook:伊藤 岳
Twitter:@gaku_ito

沢田良(36)(維新・新)

東京都出身。日本大学芸術学部卒業。株式会社ティールームゆにおん代表取締役。維新政治塾3期生から藤巻健史参院議員の元秘書。埼玉県との関わりは大学時代に所沢キャンパスに通っていた程度のようですから、経歴的にはあまり期待できない雰囲気があります。

素性がよくわからないので調べてみると、↓の店を経営している会社の経営者のようです。店長は澤田段さんというらしく、年齢的に店長の弟さんっぽい感じがします。所在地が「ユニオン六本木ビル」となっていますから、六本木の持ちビルでカフェを経営している可能性が高く、大変なお金持ちの匂いがします。
ゆにおん食堂 (【旧店名】ユニオン)
ゆにおん食堂 | 明烏 – レモングラスのハーブティー

sawada
出典:Twitter

おおさか維新の新人沢田良氏(36)は統治機構改革などを訴え、「消費増税は凍結すべきだ。国民に負担をお願いする前に国会議員が身を切る改革を。そこから財源を確保する」と主張する。

出典:<参院選>埼玉選挙区7人選挙戦へ 経済政策の是非、憲法改正で攻防

公式サイト:沢田 良 オフィシャルサイト
Facebook:澤田 良
Twitter:@saitama_ishin

佐々木知子(47)(日本・新)

泡沫。

sasaki
出典:Twitter

日本のこころの新人佐々木知子氏(47)は「日本という国に誇りを持てる質の高い道徳を実践できる子どもたちを育てたい」と教育重視の政策を打ち出し、北朝鮮拉致問題の早期解決も呼び掛ける。

出典:<参院選>埼玉選挙区7人選挙戦へ 経済政策の是非、憲法改正で攻防

公式サイト:日本のこころを大切にする党:佐々木 知子
Facebook:佐々木知子(日本のこころを大切にする党 参議院埼玉県第一支部長)
Twitter:@kokorosaitama

小島一郎(45)(幸福・新)

泡沫。

kojima
出典:Twitter

ほかに諸派新人の小島一郎氏(45)が立候補し、消費税の引き下げや国防強化を訴えた。

出典:<参院選>埼玉選挙区7人選挙戦へ 経済政策の是非、憲法改正で攻防

公式サイト:幸福実現党 幹事長代理 小島一郎 オフィシャルサイト
Facebook:小島 一郎
Twitter:@kojimaichiro

予想

現職三人の当選は固いのではないでしょうか。食い込むとしたら共産党の伊藤岳氏、おおさか維新の沢田良氏。残りは参加賞というところでしょう。

今回の参議院選のポイントは改憲勢力がどこまで議席数を伸ばすかです。個人的には改憲もやぶさかではないですが、現在の自民党草案がベースとなり得る改憲勢力に与するわけにはいかないと考えています。しかしながら、その他の勢力は民進党、共産党、その他諸派ですから積極的に一票を託す気もなれません。

情勢に注視しながら投票日までじっくり吟味したいと思います。

LINEで送る
Pocket