スポンサードリンク

一日目の記録はこちら

二日目は朝から晴天でした。ご来光が美しくて心が洗われるようでした。

hakuba2

早々にテントを撤収して白馬三山縦走へ出発します。
天狗山荘から白馬鑓ヶ岳へ向かう稜線にはウルップソウが咲いていました。

hakuba2

剱岳もきれいに見えていました。

hakuba2

白馬鑓ヶ岳を越えて杓子岳へ向かう斜面にはコマクサが群生していました。

hakuba2

白馬鑓ヶ岳を越えたあたりからガスが断続的にわいてきたのであまり眺望の写真が残っていませんでした。

杓子岳を越えると白馬大雪渓を見下ろせます。やはり今年は雪の量が少ないように感じます。

hakuba2

丸山を越えると白馬岳と旭岳が眼前に現れます。こちらは旭岳。

hakuba2

こちらが白馬岳。雲が切れた一瞬の撮影です。

hakuba2

白馬岳山頂からの白馬三山。晴れていると大迫力なのですが、ほとんど雲に覆われていて残念でした。

hakuba2

平日にも関わらず、白馬山頂はひっきりなしに登山客が往来していました。学生の大集団も多かったようです。

三国境から小蓮華岳を越える稜線も本来は良い雰囲気ですが、この日はほとんど周りが見えず、ハイペースで飛ばしてしまいました。

あっという間に白馬大池に到着です。

hakuba2

白馬大池へ下る雷鳥坂で、ライチョウの親子に遭遇しました。子供たちがまったく物怖じせず平然と砂浴びしていておもわず30分ほど見入ってしまいました。

白馬大池の手前で急に雨が降り始め、しばらく様子見をしましたが、前日ほどの降りにはならなそうだったので先へ進むことにしました。

hakuba2

とは言いながら途中で本格的な雨になりレインウェアを装着。白馬大池から蓮華温泉の下りは滑りやすい岩の連続で雨の中では大変に神経をすり減らしながら歩きました。

天狗の庭を過ぎたあたりからは足場がしっかりして安心しました。しばらくすると硫黄の匂いが漂ってきてゴールの蓮華温泉が近いことを感じさせてくれました。

ヘロヘロになりながら何とか蓮華温泉ロッジへ到着です。

hakuba2

蓮華温泉ロッジでテントの受付をします。テントは500円ですが、野天風呂に入るのに500円、内風呂も入ると800円です。雨の中野天風呂はきついので内風呂も入れて1300円をお支払いします。

蓮華温泉のテント場はロッジから10分ほど歩いた先にあります。芝生が整備されて炊事場もある本格的なキャンプ場でした。

テントを設営して内風呂だけ入りましたが、湯船が猛烈に熱くて火傷しそうになりました。お湯の質はよくて短時間でしたが体の芯からほぐされたような気がします。

キャンプ場にはどこかの高校生の集団もいて夜まで騒いでいたので辟易としましたが、広いキャンプ場である程度の距離を取れたので何とか就寝できました。

翌日へ続く。

LINEで送る
Pocket