スポンサードリンク

結婚相談所に入会して一週間経過したんだけど突然のモテキに戸惑う
婚活進捗(3週間経過、申し込み激減、はじめてのお見合い)
婚活進捗(話さない女、交際ゲットだぜ)
婚活進捗(見合いは一旦終了、気が付けば四つ股)
の続きです。

諸事情によりしばらく書けなかったのですが差し支えのない範囲でボチボチ書いていこうと思います。

表題のとおり、結婚相談所は8月末で退会しました。いわゆる成婚退会というやつです。4月に入会したので活動期間は5ヶ月間だけでした。話に聞く限りでは最短に近い部類だと思います。正直ここまで順調に進展するとは思いませんでした。

簡単に相手の方との経緯だけまとめておきます。参考になるかわかりませんが。

4月中旬:先方より見合いの申し込み。地方出身だし年齢的にギリギリの線だったのでお断りしようかと思ったけど、親の職業が立派で金持ちっぽかったので興味本位でOKの返事。

5月初め:婚活のメッカ、京王プラザホテル@新宿の喫茶店でお見合い。写真と実物がだいぶ違う。フォトショップおそるべし。話してみるとよくしゃべる人で明るい印象。あまりお嬢っぽい感じはしない。交際希望で返事。

一週間後:初めてのデート。新宿のイタリアンレストラン。他愛もない話で終わると思いきや突然離婚歴について話をされる。けっこう重い話でしんみりしたままお開きに。彼女の誠意や真剣さは伝わってきたのでそれはそれでよかった。

六月中旬:富士山を見たいと言うので富士五湖周辺へドライブ。朝から妙に距離が近いと思ってたら午後一くらいに寄った観光スポットで手を繋いで来る。さらに前の結婚生活の重い話をされる。正直お腹いっぱい。

六月下旬:野球観戦。夜、焼肉を食いながら「ぶっちゃけ他の人とはどうなってんの」みたいな話になって、いろいろ話したけど最終的に結婚を前提に話を進めることに決定。ここからお互い敬語は止める。

七月中旬:彼女の母が所用で東京に来たので一緒にランチ。とにかくよくしゃべる人で圧倒される。翌日はうちに来てもらって母に紹介。あまりに田舎で驚かれた。

八月上旬:彼女の実家へ行って両親にあいさつ。田舎とは言えとんでもない豪邸でビビる。「こんな生活は絶対にできないけど、本当にいいのか」と確認。両親には恐縮するくらい感謝された。いい歳でバツイチの娘に相当な危機感があった模様。

八月下旬:先方の両親が東京に出てきて親同士の顔合わせ。あいかわらず彼女の母はよくしゃべる。おかげで終始和やかに話が進む。うちは陰気な家系なのでとても助かる。

八月末:お互いに一通り親兄弟に紹介が済んだので相談所へ退会を申し入れ。成婚料を振り込んで無事に退会完了。

といった感じでした。

彼女へのプロポーズとか両親への正式な挨拶とか一切してなくて、ベルトコンベヤーに乗せられたかのごとくトントン拍子でここまで来ました。私もそうでしたが、そういうのに気が重い人には結婚相談所のシステムは最適です。言われるがままにOK or NGを決めていけば勝手に話が進みます。

今後は結納とか挙式とか入籍とか同居とか具体的なスケジュールを検討していくことになるんだと思います。婚活中に思ったこととかもいろいろあるので少しずつ考えをまとめながら記録として残していけたらと思っています。

それでは今日はこのへんで。

LINEで送る
Pocket