スポンサードリンク

「株式会社知的所有権協会」という紛らわしい名前の組織がありました。

かの有名な発明学会の会長として名高い豊澤豊雄氏が設立した会社です。詐欺まがいのビジネスを行ったり、「特許管理士」などの紛らわしい名前の民間資格を創設したりして、日本弁理士会から数々の訴訟を起こされ連戦連敗していました。

民間業者の「知的所有権(著作権)登録」の勧誘にご注意!
「知的所有権(著作権)登録」に詐欺の判断
知的所有権(著作権)登録を巡る民事訴訟-控訴審でも日本弁理士会勝訴-
知的所有権(著作権)登録を巡る民事訴訟-発明学会前会長等の敗訴が確定-
知的所有権登録商法またも民事訴訟で敗訴(2002/10/11)
「特許管理士」商標事件の最高裁上告に棄却決定

清々しいほどの負けっぷりです。

私も以前、偶然旅先で被害者を見掛けてしまい記事にしたことがありました。というか、この件でいろいろ調べて株式会社知的所有権協会の存在と一連の騒動を知ったのでした。

知的所有権(著作権)登録商法にご注意を

ちなみに、はてな匿名ダイアリーにもこんな記事が上がってたりします。

著作権関係でセコくてうまい詐欺を見た

それで最近上記の記事に少しアクセスがありまして、原因はよくわからなかったのですが、急にその存在を思い出しました。

最近噂を聞かないけど元気なんだろうか、と思って久々にウェブサイトを開いてみたところ、ウェブサイトが消滅してドメインが売りに出されていました。まじか。

e-chiteki
出典:http://e-chiteki.com/

いつの間に消えてしまったんだろうと思って調べてみると、Internet Archiveに2014年1月8日付のスナップショットが残っていました。次に残っている2015年3月10日のスナップショットではすでに消滅しているので、2014年1月9日から2015年3月9日の間にウェブサイトが消滅したことになります。

internetarchive
知的所有権協会(Internet Archive)

スナップショットから当時の事務所の住所を調べてみると、「〒169-0072 新宿区大久保2-13-4 北原ビル303号」となっていました。新大久保駅から大久保通りを東新宿駅方面に進んだところにあるビルのようです。

私の職場は新宿東口なので帰り際にちょっと様子を見に行ってみました。さすがに部屋の前まで向かう勇気はなかったので郵便受けだけ確認してきたのですが、表札はなく郵便物も入っていないようでした。ざっと住所で検索してみると、当該物件が賃貸募集に出ていた形跡があることもわかりました(これとかこれとか)。

こうなってくると、もう「株式会社知的所有権協会」は消滅したと考えるほかありません。

小物とは言え悪質な商売をしていたのは間違いなく、これ以上被害が拡大しないことは喜ばしいことであります。しかしながら一方で、不思議と一抹の寂しさを感じなくもありませんでした。

どこかで元気にしているのだろうかと当時の社長の名前(井上睦己)で検索をかけたら、これが出てきました。

nichico
出典:一般社団法人 日米コピーライトオフィス

名前を変えて同じことしてる!!

LINEで送る
Pocket