スポンサードリンク

2016年10月15日(土)、長野県の蓼科山へ行ってきました。

蓼科山は八ヶ岳連峰の最北端に位置する標高2,531mの山です。諏訪不二とも呼ばれる端正な山体で、日本百名山の一つにも数えられています。

6時頃に自宅を出て、八王子ICから諏訪ICまで中央道を走り、蓼科山七合目登山口に着いたのは10時過ぎでした。すでに無料駐車場はいっぱいで、登山口の先の路上に駐車場所を何とか確保できました。

tateshina

登山口の入り口には蓼科神社の鳥居が立っています。鳥居の脇には登山届のポストがあります。用紙も備えてあるので絶対に届けを出して入山しましょう。

tateshina

樹林帯を30分ほど登ると天狗の露地に到着。先に進むと展望が開けるようですが、今回は出発が遅れたのでスルーしました。

tateshina

徐々に高度が上がってくると高い木々が減ってきて登山道からも下界が見下ろせるようになってきます。この日は天気が良すぎて遠望がいまいちでしたが風が通って気持ちよかったです。

tateshina

11:15、将軍平の蓼科山荘に到着。前庭の広い山小屋ですが、登山客でいっぱいでした。

tateshina

将軍平から上は完全に森林限界を超えて一気に展望が広がります。

tateshina

さらに30分ほどガラ場を登ると山頂直下の蓼科山頂ヒュッテに到着。

tateshina

蓼科山頂ヒュッテから蓼科山頂まではなだらかな登りです。山頂が広くてどこに向かえばいいのかわかりませんが、とりあえず人だかりを目指して進みます。

tateshina

どれくらい広いかと言うと、野球やサッカーでもできそうなくらいの平地が広がっています。

tateshina

山頂標識の辺りから南方向を眺めると八ヶ岳連峰が連なっているのが見えます。手前の山がロープウェイで上がれる北横岳、その奥が南八ヶ岳の峰々です。

tateshina

山頂標識がこちら。登山客がひっきりなしに集まって記念撮影をするので単独者には辛いです。

tateshina

ランチはカップヌードルリッチ牛テールスープ味。岩場のわりに平らな場所が少なくて、コンロを立てる場所を見つけるのに難儀しました。

tateshina

山頂をぐるっと回ると西側には雪をかぶった槍穂高連峰が見えていました。

tateshina

山頂の真ん中あたりに蓼科神社の奥宮が鎮座しています。登山口の鳥居はこちらのものでしょうか。

tateshina

登山客はたくさんいますが、蓼科山頂ヒュッテは空いていました。なぜならテーブルの利用が有料だからです。百名山バッジだけ購入して下山を開始しました。

tateshina

ピストンなので帰りは同じ道をひたすら下ります。概ね1時間20分で下山完了しました。

tateshina

休憩を除くと3時間ほどで往復できるので百名山の中でも手軽に登れる一二を争う山でしょう。そのせいか子供連れなど初心者が多かったです。クラブツーリズムのツアーまで来ていてびっくりしました。

通常初心者が大量に集まる山はストレスが溜まることが多いのですが、蓼科山は登山道が広いのであまり気になりませんでした。

できれば北八つの山小屋を絡めて一泊で歩き回れると楽しいのですが、日程の関係で日帰りとなりました。帰りはビーナスラインを通って蓼科温泉郷を回り、日帰り温泉に入ってお土産を買って帰りました。

若干移動が長くて大変でしたが、充実した山旅になりました。

LINEで送る
Pocket