スポンサードリンク

2017年1月1日(日)、渋谷区役所で婚姻届を提出してきました。

新本籍地は私の実家がある埼玉県入間市ですが、提出後にディナーへ行く予定だったので、彼女の住所地である渋谷区にしました。婚姻届の用紙に提出先は「いずれかの本籍地か所在地」のように書いてあったので、てっきり本籍地か住民登録している市区町村だけかと思っていたのですが、「所在地」というのは一時的な滞在先でもよいようで、実際には全国どこでも提出するのは可能なようです。

私たちが窓口に着いたときには先客が一組だけで予想していたより閑散としていましたが、職員の人は「今日はすごく婚姻届の人が多いんですよ」と言っていました。午前中とか昼過ぎくらいが多いんでしょうか。みんな考えることは一緒なんですね。

よく二人で婚姻届を持った提出時の写真をFacebookなどに上げている人がいます。彼女はあれをぜひ撮りたいと言っていたのですが、職員さんにはお断りされてしまいました。あれは暇な時だけのサービスで元日のように客が多いときは後ろの客が怒り出すので一律お断りしているとのことです。祝日や11月22日(いい夫婦の日)のようにみんなが出したがる日だと難しいかもしれません。渋谷区のように便利なところに限った話なのかもしれませんが。

提出前に念のため婚姻届や戸籍謄本など提出物一式をコピーしておいたので、念のため持参していた自撮り棒を使って仮庁舎の前で記念写真だけは取っておきました。あまりにも私の用意がいいので、彼女は若干引き気味でした。

最近はご当地婚姻届が流行っているようで、私たちもご当地婚姻届を利用しました。所沢市が西武ライオンズとコラボして出しているものです。

gotouchi
出典:所沢市&埼玉西武ライオンズ コラボレーション婚姻届の取扱を開始します! 所沢市ホームページ

婚姻届の提出は概ね30分ほどで完了しました。これで私も戸籍上は妻帯者となったわけです。まだ同居も挙式もしていないのでまったく実感はないのですが。

その後、ディナーを予約していた京王プラザホテルに移動して、イタリアンのコースを食べながら思い出話や将来の話をしました。京王プラザホテルにしたのは、二人が初めて見合いで会ったのが京王プラザホテルの喫茶店だったからです。このホテルはレストランが各種揃っているので、毎年元日は京王プラザホテルで食事するようにするのも悪くないと思いました。

今後の予定は、2月に新居へ引っ越し、3月に身内だけで挙式&食事会が控えています。私の仕事は年末から年度末にかけて繁忙期になり年末年始も合間を見ながら仕事していましたが、おそらく一生に一度の経験ですので、楽しみながら乗り越えていきたいと考えています。

LINEで送る
Pocket