スポンサードリンク

結婚したばかりで今後家族構成がどうなるのかもわからないのですが、ローンを組むには限界の年齢に近付いてきたので家を買うことを検討しています。

実家に老母が一人暮らしをしている関係で住む地域は限定されるのですが、郊外で土地は安く買えそうなので、大手ハウスメーカーで注文住宅を建てる方向で土地探しやメーカー選定などを進めてきました。

そんな中、市内に駅近で広めの整形地が売りに出されていることがわかりました。広さも十分で建て物を入れてギリギリ予算に収まるかどうかと言った価格。理想的とは言えずとも悪くはない選択肢だと思いました。

その土地は建築条件無しだったのですが、なぜか東京Sハイムが売主でした。展示場等を回ってSハイムの性能には好感を持っていたので、土地も建物も同じ会社なら交渉もしやすかろうという考えでSハイムに連絡を取ってみたのでした。

担当に付いたのは市内の展示場で役職が付いたベテラン営業でした。以降、H氏とします。最初に会ったとき、H氏はこう言いました。

「本気でSハイムを建てる気があるならがんばりますよ」

え。なんという上から目線でしょう。確かに土地の値段と我々の予算を考えると建物にかけられる予算はSハイムにとっておいしい話ではなかったのかもしれません。しかし、自ら飛び込んできた初対面の客に対して「冷やかしはお断り」とはずいぶんな物言いだと思いました。H氏はその後もことあるごとに「本気で買う気があるなら」といった言い方をしてくるので不愉快な気分にさせられました。

その後、細かい要望等をお伝えして第一回目の間取りが出てきたのが9月中旬でした。このとき、9月末に見積もりを貰えるという話になったのですが、H氏からこんな話がありました。

「もし予算に合う見積もりだったら9月中に契約をください」

我々は家を買うことを特別急いではいないし、それはH氏にもはっきり伝えています。掲示板などでハウスメーカーの口コミを漁っていても、間取りや設備仕様が固まらないうちに契約をして、後から追加追加で手が出ない金額になったとか、そんなハウスメーカーを信用できなくなったとか、そんな話は枚挙に暇がありません。

「一回目のプランでろくに検討する時間もとらずに契約なんてできません」とお断りをしました。H氏は多少食い下がりましたが結局は「そうですか・・・」と不満そうながら引き下がってくれました。

それでも心配だったので、2日後の打合せのときに「我々は内容がしっかり固まって納得してからハンコを押したいのでそのつもりで進めて欲しい。9月末に見積もりが出るなら9月中に契約することはあり得ない」という話をしました。H氏はまたも不満そうで「どうしても無理か」と食い下がって来ましたが、最終的には「わかりました」と本題の打合せに進んでくれました。

にも関わらず、その打合せの本題が済んだところで、再び9月中の契約の話を迫ってきました。記憶が確かならば、すでに夜21時を回っていたはずです。

「来週全力の見積もりを出すから予算に収まっているなら必ず契約してくれ」

「9月は決算月だから大きい値引きが出せる。絶対損はさせないから何とか契約して欲しい」

などなど。

私も仕事でライセンス契約の交渉などに絡むことがありますから、契約の重みというものを理解しているつもりです。結果として最初に出てきた見積もり内容で過不足なかったとしても、それをもらって一両日中に契約などできるはずもありません。そう言って強く断ると、

「それなら値引きなしの正価でしか見積もりは出せない」

とか、

「来週は見積もりを出さない。ショールームに行って設備仕様を確定させる」

とか言い出します。終いには、

「私の業績のために納得してなくてもいいから契約してくれ」

まで言い出す始末。これには怒りを通り越して憐みを感じました。

それ、営業としてというより人間として言っちゃダメなやつだよね。

こいつはもう話にならない、狂ってる、と思って私はそれ以降完全に無言になり、私が切れていることを察した妻がダメなものはダメだと強く断り、その場は解放されました。やれやれ。

数日後、(ハウスメーカーは火水がお休みなので)木曜日朝一に電話を入れ、「もう二度とSハイムの検討はしない。見積もりはいらない」とお伝えしました。数時間後に展示場の責任者を名乗る人物から電話が来て謝罪がありましたが、特に考え直して欲しいといった話はありませんでした。結局、潤沢な予算が無い客は彼らにとって客ではないということなのでしょう。

後日、同じ展示場にある他のハウスメーカーの営業さんと話しているときに「実はSハイムで決まりかけてたんですけど営業が強引過ぎて断念したんですよねー」という話をしたら、にこやかに「あー、そういう噂はよく聞きますね。我々の印象も悪くなるんでやめて欲しいんですけどねー」と言われたので近隣では有名な方だったようです。

家の検討をしていると妻と意見が衝突することも多々ありますが、「慌ててSハイムを買わなくてよかったね」ということだけは完全に一致しています。制約が出てきても「まぁSハイムで我慢するよりはマシだね」と言えば丸く収まるので、そういう意味では良い経験だったのかもしれません。

LINEで送る
Pocket