スポンサードリンク

海外メディアで何気なくロボットの映像が紹介されていたのを見掛けまして。
Watch this: a robot successfully traverses a steel wire tightrope | The Verge

primer_v3s

二足歩行ロボットが無線操縦で綱渡りをするわけです。すごいですね。人間でもなかなかできないですよね。

よく見たら日本人が開発した二足歩行ロボットでした。

二足歩行ロボットに綱渡りをさせてみた

Dr.Gueroって誰だろうと思って調べてみたらWebサイトに行き当たりました。
AI & Robot

あまり情報がないんですが、静岡在住のロボット開発者の方のようです。経歴がわからないのですが、雰囲気的にはアマチュアの方のように見えます。

綱渡りしたのはPRIMER-V4という機種だそうで、歴代の機種も味があって素敵です。

3代目のPRIMER-V3は細い材木を渡っています。

バランスを取る二足歩行ロボット

2代目のPRIMER-V2は自転車を乗り回しています。

二足歩行ロボットを自転車に乗せてみた

初代のPRIMERは竹馬に乗っています。

PRIMER (竹馬型二足歩行ロボット)

以下は自転車に乗るPRIMER-V2の仕様だそうです。意外とでかくてビックリしました。SH7125は最近話題のルネサステクノロジーのマイコンボードです。CPUは50 MHz(65 MIPS)だそうで、そんなもんでこんな制御ができちゃうもんなんですね。

■主な仕様
全高:415mm 全長:495mm 全重量:2500g タイヤ外径:195mm 
ハンドル切角:45°Max 速度:約10Km/h バッテリ:10.8V(750mAm) 
サーボ:14Kg-cm,0.14s/60deg(17個) ジャイロ:Roll,Yaw 無線:ADバンド 
コントロールボード:自作(コア・SH7125)

噂によると米国では「ものづくり」系のベンチャーが流行し出しているようです。arduinoみたいにマイコン分野にもオープン化の動きがありますから、制御系の知識も比較的潰しが利くような時代になってきたのかな、という気がします。

クリス・アンダーソンの新刊がその辺りを詳しくレポートしているそうですので、時間があったら読んでみたいと思っています。


よろしければこちらもどうぞ

国際宇宙ステーションからのタイムラプス映像が美し過ぎて泣きそう

LINEで送る
Pocket