スポンサードリンク

私の在籍する職場はあまり大きな事業所ではありません。従業員は総勢で20人ほどだと思います。従業員の概ね半分が男性で半分が女性です。年代別でみると概ね半分が30代以下つまり私と同年代で、残り半分が50代以上で同世代とは言い難い人生の先輩たちです。なぜか40代くらい人が極端に少ない感じがします。転職したばかりなので女性の年齢とかは詳しく知らないんですけれど。

どんな集団でもそうなんだと思うのですが、ある程度の規模の組織になると同世代の同性たちが集まり易い傾向があります。私は子どもの頃から他人と馴れ合うのが苦手で学校とかでもクラスの輪から離れたところで勝手なことをしている人間でしたから、あまり積極的にどこかのグループに近寄ることはしていないのですが、とは言っても別にグループの中にいるのが嫌いでそうしているわけではないので、誘われればランチにもご一緒するし、飲みにも行きます。

そんなわけで現在の職場では30代の男子3~4人に混ざって行動することが多いです。で、自分を除く3人は既婚、その内2人は子持ち、1人は今年新婚、1人は今年初めての子どもが生れた人です。必然的に話題は新生活の悩みとか子育ての悩みとか、そんな話題になるわけです。結婚生活の話であれば、共働きで家計はどう管理するかとか、家事の分担はどうしているかとか。子どもの話だと、子育てには何が必要かとか、どう役割分担していくかとか。

ぶっちゃけそんな話には興味がないし、提供できる知識もない。こっちも話す内容がないし、向こうもそれがわかっているから話も振られない。お前に何がわかるんだ黙ってろよ豆腐の角に頭ぶつけて氏ねくらいの勢いでおいてけぼりです。むしろ何で誘うんだよ。

仕方ないので黙って目の前の食事をやっつけることに集中するしかありません。しかし、こっちは黙々と食べるだけだし、向こうはくっちゃべりながらだから食べるの遅いし、お茶ばっかり飲んでるからトイレも行きたいし、そうは言っても自分のせいで気まずい感じになるのも申し訳ないし、とにかく聞いてるふりしてフンフン言いながら愛想笑いを続けるわけです。

一応まだ結婚して家庭を持つことに希望を持ってないわけでもないので、機嫌のいいときにはなるほど結婚生活にはいろいろと考えなければいけないことがあるのだなふむふむ、なんてしたり顔で真面目に聞くこともあるんですけれど、機嫌が悪いときには心を閉ざして一切の話を右から左へ左から右へスルスルと華麗にスルーしています。

何とか解決するためには、これ、自分もリア充的な何者かになるしかないわけなんですけれど、そうなったらなったでリア充どもが先輩顔でいろいろと要らんアドバイスなんぞして来るんだろうな、と想像してしまい、これまたうざいな、何の罰ゲームなんだこれはと、自分の人生とこんな自分に生んだ両親とこんな社会環境を産み出した政治家たちに対してやり場のない怒りを覚える毎日です。

そんなこんなで、心の中では今日の晩御飯をどうしようかとか、週末はどこの漫画喫茶で何を読もうかとか、歌舞伎町のキャバクラのあの娘は元気だろうかとか、どうでもいいことを繰り返し繰り返し考えながら、愛想笑いを振りまき振りまき、心を閉ざして寒空の下をじっとじっと耐えるのみです。お店の中は暖かいけれど私の心を温めるほどの温度ではないのです。そうやってストレスが溜まるもんだからついつい夜は深酒がすぎてしまって、気が付いたら給料日まで半月を一万円で過ごさなきゃいけなかったりなんかしちゃったりして。

もうほんと、リア充ども爆発しろ。

LINEで送る
Pocket

  • こんにちは。
    ブログめちゃくちゃ、面白いです。
    婚活中の32才実家寄生女です。
    私も、なぜ男性から捨てられるのか、
    なぜ自分が結婚出来ないのか、
    わからずにいます。
    予測はしてますが、実際の声をきけないんです。
    誰も言ってくれない。
    教えてくれるのはゲイバーのオネエだけです。

    女性の声を聞けないとのお話、わかります。
    是非一度お会いしてみたいです、
    婚活について色々お話しませんか。

    いきなりのお誘いで申し訳ありませんが‥
    コンタクトの取り方、教えて下さい。
    よろしくお願いします。

    • も さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      お断りするときに細かい理由は伝えにくいですよね。
      断る方でもはっきりしてないけど、何となく違うという場合も多いんだと思います。
      個別のご連絡は http://irumashinjuku.net/?page_id=19 に書いてあるアドレスにメールいただければ折り返しご連絡させていただきます。

  • Pingback: このブログは婚活サイトではありません | やめたいときは やめるといい。()