スポンサードリンク

2012年12月7日、東京都議会議員補欠選挙が告示されました。
今回は世田谷区、葛飾区、八王子市が対象になっています。私も世田谷区が地元なので、どういう方が立候補されているのかちょっと調べてみました。折角なのでまとめて公開しておきます。

この記事は特定の候補者への投票を促す趣旨ではないことをご理解いただけますようよろしくお願いします。

立候補者(届け出順)

社会民主党 羽田圭二

20121210203247

昭和29年5月2日生まれ、58歳
中央大学法学部卒
元京王自動車社員、郵政職員
世田谷区議(4期)

公式サイト:羽田圭二OfficialWebSite
Facebook:羽田 圭二
Twitter:@keijihaneda

民主党 すがややすこ

20121210203244

昭和49年9月1日生まれ、38歳
青山学院大学卒
元SCE社員、ドコモAOL社員
世田谷区議(2期)、小宮山洋子厚労相政策担当秘書

公式サイト:すがや やすこ オフィシャルサイト
Facebook:すがや やすこ

行革110番 後藤雄一(元)

20121210203246

昭和24年8月16日生まれ、63歳
成蹊大学経済学部卒
元凸版印刷他、パン屋経営
元東京都議
公式サイト:行革パン屋

日本共産党 里吉ゆみ

20121210203248

昭和42年5月19日生まれ、45歳
帝京大学文学部卒
世田谷区議(3期)

公式サイト:里吉ゆみ Official Web Site
Twitter:@yumisatoyoshi

自由民主党 大場やすのぶ

20121210203245

昭和22年11月6日生まれ、65歳
駒澤大学経済学部卒
大場百貨店代表取締役
世田谷区議(4期)、世田谷区議会議長

公式サイト:世田谷区議会議員 大場やすのぶ
Facebook:大場 やすのぶ

世田谷区選出の現職都議会議員

世田谷区選出の現職の都議会議員は以下の7名です。何となく年代や性別がバランスよく選出されていた方が好ましいだろうという考えからです。

表中の「地域」は事務所の所在地域です。世田谷区は世田谷地域・玉川地域・北沢地域・砧地域・烏山地域の5地域に分かれています(参考)。ちなみに世田谷区役所があるのが世田谷地域です。

国会議員と違って地方議員はより地域に密着した活動が求められますから、選挙区内からバランスよく構成されるのが良いんじゃないかな、と何となく思ったので調べてみました。

年代は特に偏りはなさそうな感じです。やはり女性が少ないですが国全体の傾向なので現状では仕方ないかもしれません。地域については半数が世田谷地域なのでかなり偏っていることがわかります。

氏名 所属政党 地域 公式サイト
関口太一 民主党 世田谷地域 公式サイト
山口拓 民主党 世田谷地域 公式サイト
三宅茂樹 自由民主党 世田谷地域 公式サイト
栗林のり子 公明党 玉川地域 公式サイト
西崎光子 生活者ネットワーク 北沢地域 公式サイト
たぞえ民夫 共産党 世田谷地域 公式サイト
中嶋義雄 公明党 北沢地域 公式サイト

なお、立候補者それぞれの事務所は下記になっているようです。

羽田さんは等々力(玉川地域)。すがやさんは経堂(世田谷地域)。後藤さんは桜上水(北沢地域)。里吉さんは南烏山(烏山地域)。大場さんは上馬(世田谷地域)。

砧地域と烏山地域には都議がいないんですね。やはり世田谷区役所にアクセスしやすいところに居を構えた方が活動しやすいんでしょうか。人口密度の問題もあるかもしれません。実害がどれだけあるのかわかりませんが、あまりよい状況とは思えません。

考察

候補者の皆さん全員、地方議員の経験が豊富であり、地元世田谷区の事情にも詳しい方たちのようです。その中でも実績だけを見ると元都議の後藤さんか元世田谷区議長の大場さんあたりが強いのかな、という印象を持ちました。特に後藤さんは都議時代もだいぶユニークな活動をされていたようです。詳しいことは書きませんが。

その他の候補者を眺めますと、民主党すがやさんの若さが目に付きます。小宮山洋子厚労相の秘書を勤めた実績も本来であれば有利に働くはずでした。元々世田谷区は民主党が強い地盤でもあります。しかし、今回の選挙では民主党所属であること自体が計り知れないデメリットになっているはずで、苦戦するのは必至でしょう。

ぶっちゃけて言うとほとんどの人はよくわからないし、地方議会レベルであまり所属政党に拘るのもどうかな、という気がしなくもありません。おそらくほとんどの有権者も当日投票所のポスターを見て「えいや」で入れるんだろうと思っていて、全く結果の予想ができません。

とすると見所はやはり、民主党候補がどれだけ票を集められるか、になるでしょう。正座して結果を待ちたいと思います。自分が誰に投票するかは当日までじっくり考えます。


衆議院総選挙の立候補者リストはこちらにまとめました。
2012衆議院総選挙、東京6区(世田谷区)立候補者リスト

LINEで送る
Pocket