スポンサードリンク

三菱東京UFJ銀行の新宿支店に口座を持つ必要が出てきた。支店を特定しての口座開設がメールオーダーで可能なのかよくわからなかったし、前の勤務先で交通費を受け取るために渋谷明治通り支店に口座を持っていたし、WEBサイトのFAQを見てもそういうときにどういう手続をするのが一番良いのか見付からなかったし、電話でいちいち説明するよりも直接話した方が早そうだし、昼休みに三菱東京UFJ銀行の新宿支店の窓口に行ってきたのだった。

新宿支店は新宿三丁目の交差点の脇、伊勢丹と新宿通りを挟んだ反対側にある。口座開設窓口はその三階にあった。薄暗い階段を三階まで登るとオールドミスの銀行員が「どのようなご用件でしょう?」と近付いてくる。パッと見ると10くらいの窓口が並んでいるが、客は一人もいない。ぼくが要件を伝えると、「その場合は、今の口座を解約していただいて、新しく口座を作っていただくようにお願いしています」とのことだった。なるほど、やはり口座をそのまま移すのは面倒なんだな、と納得した。身分証明書が必要とのことだったのだが、持っていなかったので、必要な申込用紙だけもらって、翌日また来ることにした。

翌日の昼休み、つまり今日だけど、東京はものすごいゲリラ豪雨の真っ最中だった。そんな大雨の中、またも新宿支店を訪れる。昨日来ているので窓口が三階にあるのはわかっている。またも薄暗い階段を三階まで登ると、またもガラ空きの窓口に10人くらい窓口係の女性が座っている。入口のところには昨日とは違うオールドミスが立っている。

申込用紙を書いて来たというと、わざわざ順番待ちの札を引いて「少々お待ちください」と言う。いやいや、みんな暇そうですけど。何を待つの?、とは言わずに大人しく待っていた。何を準備していたのか、三分ほどしておもむろに左から二番目の窓口で「XXX番のお客様どうぞ」みたいなアナウンスが入る。キャバ嬢風の女性が立ち上がる。ぼくは椅子に座って、「勤め先で指定されたので、この口座を解約して、この支店に口座を開設したい」旨を説明する。すると、女の口から想像もしない言葉が発せられた。「勤め先に在籍していることを証明するものはありますか?」

ぼくの勤め先の事務所は従業員も20名ほどで部屋も一部屋なので社員証的なものは存在しない。見知らぬ人が入ってくれば一目瞭然だから。で、今は夏なので上着も来ていないので名刺入れもかばんの中に入っている。昼休みに昼食がてら寄っているのでわざわざ名刺も持ち歩かない。他にも在籍を証明するようなものは思い当たらない。「今は何も持っていない」と回答する。すると、女の口からさらに予想だにしない言葉が発せられた。「では勤め先の電話番号を教えてください。これから電話を掛けて在籍確認をさせていただきます。」

いやいや、昼休みで誰がいるかわからないし、いきなり目の前の銀行から「こいつは本当にお宅で働いているのか?」とか電話掛かってきたら怪しいでしょ。クレジットカードなら審査があるのはみんなわかってるけど、銀行で口座開設するくらいで職場に電話されたら大変迷惑だ。

それからは、何でそんなことをする必要があるのか、とか、電話して何を話すんだ、とか、押し問答があったけれど、混乱していてよく覚えていない。最終的に、埒が明かないので「今日はもういいわ、ぼけ!」と(心の中で)叫んで、窓口を後にした。

どうやら犯罪事件でよく隠し口座とか使われるもんで、最近は銀行側も口座開設を厳しくしているようだ。基本的に個人は一口座しか持てない、とか、住所か勤務地の最寄りの支店でしか口座を開設できない、とか。そして、これは三菱東京UFJ銀行に限った話ではないようだ。きっと金融庁辺りの行政指導が入ったんだろうと妄想している。

しかし、改めて冷静に考えてみても、やはり何点かおかしい点がある。

まず、ぼくは前日の昼休みにも窓口に行き、手続きに必要なものを聞いている。そこで、必要な申込用紙をもらい、解約する口座の通帳とキャッシュカード、印鑑、身分証明書が必要だと聞いていた。その際に、勤め先の在籍を証明するものが必要なんて話は一切されなかった。何で聞く人によって答えが違うんだ?

次に、ぼくはすでに明治通り支店の口座を保有していて、本来の目的は、この口座を新宿支店に移すことだった。それを銀行側の都合で、明治通り支店の口座を解約→新宿支店に新規開設、という手続きを取ることにしてやったのだ。そっちの都合に合わせて手続しているのに、勤め先での在籍が確認できないと口座を開設できないって、どんな殿様商売だ。

人様の税金で飯を食ってた分際でなんて偉そうな。早く潰れてしまえ。

ぼくはSE時代に金融関係の仕事を多くしてきたので、銀行のシステムが口座を別の店舗に移管する機能を有していることは知っている(でないと、店舗の統廃合なんてできない)。そして、その仕組みが非常に複雑であんまり使いたくない気持ちはよくわかる。きっと運用制限しているんだろう。だから、窓口で聞いても「そういう場合は、一旦解約していただいて、新しく口座開設していただいています」という説明がされるし、銀行のWEBサイトをいくら探しても口座移管の手続については記載がされていない。

でも、良く考えて欲しい。住所か勤務先の最寄りの店舗でしか口座を開設できないようにしてるとか言うけれど、引っ越したり、転勤したり、転職したり、そんなのいくらでも変わり得るものだ。それでは、引っ越す度、転勤する度、転職する度に、銀行口座を解約→新規開設しろって言うのだろうか?今回のぼくのケースでは口座振替やカードの引き落としとかの対象でなかったからすんなり解約→新規開設でもいいか、と思ったけど、メインで使ってる口座は簡単には解約できない。その面倒を客に押しつけようというのだから、やはりひどい話だと思う。

ということで、だからこそ、何が何でも口座移管させてやろうという気になってきた。面白い動きがあったらまたご報告します。

※後日談を書きました↓口座開設はメールオーダーで!
三菱東京UFJ銀行に2つ目の口座ができた話

LINEで送る
Pocket

  • Pingback: 三菱東京UFJ銀行に2つ目の口座ができた話 | やめたいときは やめるといい。()

  • 通行人

    これ、どうみてもあんたが悪いでしょ。

    一般的な社会人の常識があれば銀行員のとった行動は当たり前。

    ネットにかいて同調してもらおうなんて、あんたはその程度の人間ですよ。

    • sudo.sudo09@gmail.com様、コメントありがとうございます。
      不勉強なもので申し訳ございませんでした。
      大変勉強になります。
      今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

      ところで「同調」というのは「ある人の意見や態度に賛成し、同じ行動をとること。」を言いますが、私の記事中で他の方に何か行動を求めるような記載がありましたでしょうか?
      非常識で申し訳ございませんが、詳細をご指摘いただけると幸甚に存じます。

  • Pingback: このブログのアクセスランキング(2013年上期版) | やめたいときは やめるといい。()

  • 一般人

    すごいモンスター具合…。

    最初の行員が社員証のような在籍証明確認出来るものが必要という説明をしなかったのは問題ですが、ただ会社の電話番号を教えれば済む話だったのに、それをグダグダ文句をつけて教えないということは、銀行でローンがあるとか、何かしらやましい事がある人間なんだって思われますよ。銀行から会社に電話があったって、普通は何の問題もありません。本人に何も問題がなければいちいち気にする事じゃないはずです。

    同調を求めていなくても、書き方はさも銀行側に非があって、自分は何も悪くない、っていう書き方をしていますよ。納得いかないかもしれませんが、もし改心する気持ちが一切無いのなら、自分が気に入らない事に理不尽に文句をつけてくるただのモンスター客ですよ。こういう客ばかりだったら、銀行もさぞ大変だろうなって思います。著者が日本人なら、ちょっとモラル的に恥ずかしいです。

    • コメントありがとうございます。
      本文はちゃんと読まれていますか?
      転職したばかりでいきなりその場で掛けられては困る事情があったんです。
      普通は問題ないでしょうが、問題がある状況はあり得るし、サービス業ならそれくらいの配慮はあってもいいんじゃないでしょうか。
      逆に聞きますが、私の非と言うのはなんでしょうか?
      銀行側の都合を知らずに口座を作りに行ったことに問題があるとでもお思いですか?
      受け入れられないことを断ることが問題なんでしょうか。
      店の言うことに従えないから帰っただけで何もゴネたわけでもないしモンスター客と言われる筋合いもありません。
      店の言うことにすべて従わないとモンスター客なんでしょうか。
      モンスター客の定義を教えてください。
      こちらからは以上です。

  • Pingback: 頭の悪い人に筋違いな批判をされると10倍イラッと来る | やめたいときは やめるといい。()

  • あづさ

    地域によるのかもしれませんが当方は、この銀行に3口座あります。
    1つは自宅近く、その後2社から特定の支店に支払い口座を作るようにと言われ合計3 口座あります。

    同一店舗に2支店あるところで、開設時に「他支店に口座はありますか?」と
    問われ「(隣の窓口を指差さしながら)ここにあります。」と答えた記憶があります。

    その会社の従業員でもありませんので、証明するものは何もありません。
    口座開設時点では契約書すらもらってませんから・・・・。
    会社の電話番号とか聞かれたかどうかは記憶にありません。
    そもそも突然言われても他社の電話番号なんて覚えてません(かけることもありませんし)。

    そんなに苦労した覚えはないですね。

    • あづささん、コメントありがとうございます。

      地域と言うか時期によるような気がします。
      金融庁から指導があったような話も聞きました。