スポンサードリンク

数年前からテレビはほとんど観なくなりました。とは言え一人暮らしの家で何の音もないのは寂しいのでラジオを点けていることが多いです。そんな私が普段よく聞くラジオ番組をまとめてみました。

平日朝

中西哲生のクロノス (Tokyo FM / JFN 38 Stations)

chronos

放送時間:月曜~金曜 6:00-9:00
公式サイト:http://www.jfn.co.jp/ch/
パーソナリティ:中西哲生(サッカー解説者)、高橋万里恵(フリーアナウンサー)

平日朝の情報番組です。そもそもラジオを聞き出したのは、朝テレビを点けていると準備が捗らないから、というのが理由でした。なので、この枠はかなり長く聞いています。記憶に残っている一番前のパーソナリティは七尾藍佳さんでした。今調べたら2005年頃に担当されていたみたいでもう8年も経ってるんですね。

パーソナリティが中西哲生さんということでサッカーの話題は熱いですが、それを除けばバランスの取れた番組です。選曲も最近の曲と90年代くらいのちょっと懐かしい曲が多く、私と同年代のリスナーが多いらしいことが窺えます。そういう点も安心して聞けるところかなぁと思っています。

どの番組にするかは置いておいて、朝をラジオに切り替えるのは非常にお勧めできます。ラジオ番組はニュース・天気予報・交通情報を短い間隔で頻繁に流すので朝ご飯を食べる短い時間でも最低限の情報収集が効率的にできます。また、視覚を奪われることがないので割り込みなく朝の準備が進められます。朝の時間を有効活用したいならテレビは消してラジオを聞くとよいでしょう。

平日夜

TIME LINE (Tokyo FM)

timeline

放送時間:月曜~木曜 18:54-19:54
公式サイト:http://www.tfm.co.jp/timeline/
パーソナリティ:星浩/島田雅彦(月)、岸博之(火)、上杉隆(水)、伊藤洋一(木)

平日夜のニュース番組です。この時間帯に家にいるならNHKニュース7をテレビで観た方が良いかもしれないですが。私はこの時間帯にジョギングすることが多いので聞きながら走ったりします。

最初の15~20分で一日のニュースを振り返り、その後2つくらい時事ネタの特集コーナーが続くという構成です。パーソナリティは日替わりでテレビでもお馴染みの豪華な布陣です。局側の意気込みが感じられます。聴き比べてみるとパーソナリティ次第でかなり番組の質が変わるのがわかって面白いです。

木曜の伊藤洋一さんはとても視点が鋭くておススメです。水曜の上杉隆さんは何言ってるかよくわからないときが多いです。

JAM THE WORLD (J-WAVE)

jamtheworld

放送時間:月曜~金曜 20:00-21:50
公式サイト:http://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld/
パーソナリティ:野中英紀(月)、津田大介(火)、堤未果(水)、長谷川幸洋(木)、堀潤(金)

平日夜のニュース番組です。TIME LINEと構成は似ていて最初に一日のニュースを振り返り、その後にいくつかの特集コーナーが続きます。TIME LINEと違うのは2時間枠なので特集コーナーが充実している点です。1回の放送で大体4つくらいネタを取り上げているし一つ一つの枠も長いです。

こちらもパーソナリティは日替わりです。知名度的にはTIME LINEに軍配が上がる感じですが、平均したパーソナリティの質はJAM THE WORLDの方が高い感じがします。とは言えパーソナリティ個人に依存してしまう部分はやはり大きいように感じます。

元NHKアナウンサーの堀潤さんの喋りが群を抜いて聞き易いですね。喋っている内容はともかくとして。

日曜朝

WONDER VISION (J-WAVE)

wondervision

放送時間:毎週日曜 6:00-9:00
公式サイト:http://www.j-wave.co.jp/original/wondervision/
パーソナリティ:平井理央(フリーアナウンサー)

毎週欠かさずというわけでもないですが、この時間帯にジョギングすることが多いので、よく聞いています。長年続いていた前番組LOHAS SUNDAYから一貫してこの時間帯はエコがテーマの番組に仕立てられています。元フジテレビアナウンサーの平井理央さんの声がめっちゃ癒されます。

日曜午後

あ、安部礼司 (Tokyo FM)

abereiji

放送時間:毎週日曜17:00-17:55
公式サイト:http://www.tfm.co.jp/abe/

今回紹介するなかで唯一のラジオドラマ。東京FMは休日朝は番組編成がイマイチですが、日曜夕方は非常に充実しています。その中でも頭一つ抜けているのが、この『あ、安部礼司』です。

30代後半の平凡なサラリーマン安部礼司とその仲間が巻き起こす騒動を流行の話題を取り混ぜながら描きます。そんなトレンド紹介番組っぽく見せながら流れる楽曲は20世紀の懐かしい名曲が目白押しです。リスナーの年代がかなり限定されそうな感じもしなくもないですが、私的にはど真ん中な番組で、時間が合えば欠かさず聴くようにしています。


見てわかる通り、基本的に東京FMとJ-WAVEしか聴いてないんで、これが参考になる人はかなり限定されるんでしょうけれど、わが家はマンションの1階なものでクリアに入るのがその2局しかないって事情もあるのです。

まぁラジオってわざわざ番組表を見て面白そうな番組を探すのではなくて、何となくチューニングしてよほど変な番組じゃなければチャンネルを変えるようなことはしないので、自分の家で一番きれいに入る局の中で面白い時間帯を探す方が生産的な感じもします。

一番訴えたかったのはテレビみたいに複数の感覚を塞がれるメディアよりも聴覚のみで受け取れるラジオってそろそろ見直されてもいいんじゃないかってことです。ラジオ聴きながらネットを読み書きしてるとすごく捗りますよ。まじで。

LINEで送る
Pocket

  • ねい

    去年は生涯初の電車通勤をしました。そのときクロノスとタイムラインは聞いていました。

    途中で朝は別所さんに変えましたけどね。

    デートは上手くいきましたか?

    大山のみに登るのが好きで。登るというと一緒に行きたいって人が職場で出てきまして。

    大して経験も無いのに日帰り登山部の部長になったので勉強中です。

    次は高尾山~小仏峠辺りを考えています。行けたら明王峠 できたら藤野駅まで。

    • ねいさん、コメントありがとうございます。
      別所哲也さんはj-waveの朝の番組ですね。
      選曲がオシャレすぎて私は馴染めませんでした。

      高尾山の先は意外と歩きがいがあっていいですね。
      陣馬山から高尾山まで歩いたことがあります。
      城山の山小屋でなめこ汁が食えるのでぜひ試してみてください。