スポンサードリンク

高校生の「僕」が女子高生のミルカさん、テトラちゃん、中学生のユーリといちゃいちゃしながら数学を学ぶ『数学ガール』シリーズです。結構前に第1巻は読んで感銘を受け、第2巻も購入はしていたのですが、しばらく積読状態になっていました。

フェルマーの最終定理と言えば、以前サイモン・シンの『フェルマーの最終定理』は読んだことがありました。

フランスの数学者ピエール・ド・フェルマーが17世紀に教科書の余白に書き込んだことでフェルマーの最終定理が誕生し、それ以降多くの数学者が挑戦し敗れ、または部分的に証明をし、1995年にアンドリュー・ワイルズが証明するまでの3世紀に亘る物語をドラマティックに描いた書でした。

フェルマーの定理とは、こういうものです。

n≧3のとき、
Xn+Yn=Zn
を満たす、自然数X,Y,Zは存在しない

多くの数学上の大理論と比べて特徴的なのは、内容自体は中学生でも理解できる平易な仮説だということです。プロ、アマを含めた多くの数学者が長年に亘ってこの問題の解決に取り組んだ理由の一つと言われています。

ちなみに、n=2を満たす、つまりX2+Y2=Z2を満たすX,Y,Zはピタゴラス数と言われます。ピタゴラス数が無限に存在することを証明せよ、とか数学でやりましたよね。もう忘れたけど。

本書を読んだのは、ちょっと群論について基本的な事項を押さえる必要があったからでした。群とか体とか環とか、ざっくりどんなものか理解しておきたいんだけど本格的に数学を勉強したいわけでもない、大雑把でいいので基本を掴みたい、そんな微妙な都合のいい要求がありました。

そんな感じのフワッとした感じだとなかなか適した教科書と言うのは見つかりません。で、たまたま部屋を整理しているときに積読状態だった本書を発見したのでした。正に灯台下暗し。

説明はとても丁寧でわかりやすいです。具体例の示し方が秀逸でイメージがしやすく、数式の説明も手取り足取りで置いていかれる心配はありません。話を進めるために主人公と女子高生たちがイチャイチャする萌え要素は賛否両論あるでしょうけれど、とりあえず全体像を把握するために前に進むためには効果的な仕掛けだったのかもな、と思います。

最終章でフェルマーの最終定理の証明に触れるのですが、ここについては足早で説明が十分とは思えず、正直言ってほとんど理解できませんでした。本当にフェルマーの最終定理について知りたい人には役不足であろうと思います。

でも、フェルマーの最終定理を証明するために当時の最新の数学理論が分野を跨って広く駆使されているため、それらの道具立てそれぞれをザックリ押さえるためには良書だと思いました。

このシリーズの続刊にも挑戦してみようと思います。

LINEで送る
Pocket