スポンサードリンク

菅直人さんが内閣総理大臣を辞職されるようである。
毎日jp(毎日新聞)
毎日jp(毎日新聞)

ぼくは普段テレビも見ないし新聞も読まない。情報収集は専らネットかラジオである。だから、そろそろ辞めるようだということは気付いていたのだけれど、その背景を解説したものにちゃんと当たっていなかった。そんなわけで、なんで辞めるのか、論理的には理解していなかった。

ぼくの記憶の限りでは、震災後しばらくしてから、唐突に「辞めろ、辞めろ」って野党やマスコミが言い始めて、あっという間に与党内部からもそんな声が出てきて、気付いたら辞めるのが既定路線になっていたようだ。(もしかしたら、最初に与党の誰かが言い出したのかもしれない。)確かに最近の内閣支持率とかひどいものだし、震災の対応も褒められたものではなかったと思う。でも、支持率に関して言えば、そもそもの原因があって数字に反映するもので、それが一次的な理由になるべきではないし、震災の対応も誰が首相であったとしても(少なくとも国民の支持という面では)大きく変わることはないような気がする。
まあ、原発事故の初動がひどかったのはその通りだとは思うけど。

とにかく、無知なぼくが数時間ネットで後追いする限りでは、菅首相が辞職する論理がどうしても理解できなかった。それで京大カンニング事件でもおなじみのYahoo!知恵袋に頼ってみた。検索しただけだけど。
菅首相は、なぜ退陣するんですか? – Yahoo!知恵袋
菅降ろしの理由は何ですか – Yahoo!知恵袋

何となくもっともらしく聞こえる回答は、大きく2つあるみたいだった。

菅首相が無能だから

この種の回答は、菅直人というよりは民主党の政権担当能力を否定しているように読める。であれば、民主党政権のまま首相だけすげ替えても問題は解決しない。解散総選挙しかあり得ないのではないだろうか。菅がダメなのは否定しないが、では誰なら大丈夫と思っているんだろう。本気で野田ならイケると思っているんだろうか?

菅首相が脱原発を言い出したから

原発推進派の勢力に政争の具にされたという説もあったのだけれど、ネット上の言論はともかくとして、世論としては脱原発が過半数を占めているようである。であれば、震災直後から脱原発を唱えていた菅首相の支持率が下がるのは理解し難い。まあ、人気取りをして延命のために言い出した風に見えて気に食わない、という意見はわからなくないのだけれど、「お前の言うことはわかるけど、お前に従うみたいになるのは嫌だ」っていうのは小学生の論理だ。ぼくはそこまで日本国民の知力が劣化しているとは考えたくない。

というように考えてくると、一番もっともらしくない回答が、一番もっともらしく見えてきてしまうのだった。

おそらくみなさん欲求不満が爆発寸前で何かのハケ口が欲しいのでしょう。
そのハケ口が総理なのかもしれん。
新しい内閣になって誰が総理だ、誰が何々大臣だ、とお祭り騒ぎをして気を紛らわしたいのかも。
もしそうなら究極の心の貧困だ。

次の展開として、一番好ましいのは解散総選挙だと思う。たぶんそうしないのは、民主党に勝てる見込みがないからだ。そんな民主党が変わらず与党にいて国民が支持するとは思えない。いよいよ自民党政権の末期とダブって見えてきた。違うのは、次に控える決定的な野党がいないことだろう。

こんな状況でも、北海道のゆるキャラとか東京の民放の韓流推しとかの方が注目されるこの国はなんて平和で良い国なんだろう。この国に産んでくれた両親に心から感謝している。

LINEで送る
Pocket