スポンサードリンク

台風12号が近畿地方を中心に大きな被害をもたらしているようだ。普段はまったくテレビを見ないぼくもどうしても災害情報はテレビに頼らざるを得ない。ラジオでも良いんだけど、被害の中心が西日本なもので東京のラジオ局では今一つ情報配信頻度が低いのだ。こういうときはやはり全国ネットのテレビが頭一つ抜きん出ている。

9月4日(日)19時現在の情報では、山陰沖にいて中心気圧は994hPa、中心風速20m/s。NHKによると17人死亡54人が行方不明だそうだ。3日10時頃に室戸岬周辺に上陸した台風12号は、そのまま四国を縦断。3日夕には倉敷に再上陸し山陰へ縦断した。ぼくの記憶の限りではこのような動きを見せた台風は初めてだ。
f:id:mh200011:20110904195036p:image

恐ろしいことにこのような経路を辿りながら、最も被害が大きかったのは和歌山・三重といった紀伊半島の地域だったとのことだ。奈良県上北山村で観測史上最大の661mm/hを記録したとのことである。
痛いニュース(ノ∀`) : 【画像】 三重県紀宝町、台風の影響で水没 – ライブドアブログ
【速報】 台風でJR紀勢線の鉄橋流される 長期運休か – ゴールデンタイムズ

ぼくは埼玉県の西部で生まれ育ったもので、幸いなことに台風に限らず家が冠水するような事態は経験したことがない。それでも台風が来ると、雨戸を全て閉め切って、父が釘打ちしていたことを憶えている。子供ながらに普段と違うことが起きていることにわくわくしていたような記憶がある。

台風の記憶と言えば、もう一つ。ぼくの父は名古屋の出身で、伊勢湾台風を経験したそうである。何を切っ掛けにしたかのか覚えていないのだけれど、父の昔の写真を見せてもらったことがあって、膝まで浸水した家の前で叔父と二人で記念撮影している写真があったのだった。伊勢湾台風を原因にして名古屋市内でも内陸部の方へ引っ越したそうなのだけれど、そんな状況で記念撮影をしている神経が理解できなかった。

年間に20~30の台風が発生して、相当な数の台風を経験しているはずなのに、この程度しか台風の思い出がないことに自分でもびっくりだ。むしろよほどのことがない限り、普通すぎて記憶に残らないのかもしれない。

結構、歴史的な被害になりそうな感じだったので記念にカキコしてみたのだけれど、やはり実体験がないと薄っぺらい内容になってしまうのが悲しい。

ところで、NHKニュース7のお天気お姉さんはきれいですね。びっくりした。

※追記
調べてみたら寺川奈津美さんは元ミス慶応だそうですね。どうりで。
【画像あり】寺川奈津美(28)元慶大ミスコン NHK「ニュース7」お天気キャスター、半井小絵の後任

LINEで送る
Pocket