スポンサードリンク

2013年4月15日発売の日経ビジネスはブラック企業特集だそうです。

hyoshi

日経ビジネスオンラインに読者登録するとメールマガジンでその週の日経ビジネスの記事を紹介するメールが届くようになっています。今回のメールマガジンの冒頭に掲載された編集長の挨拶文が酷いなと思ったのでメモしておきます。

 「ブラック企業」と呼ばれる方が、やる気満々でタフな人を採用できるのではないか。

 特集の趣旨とは反しますが、そんなことを考えました。もちろん企業が労務管理上、法律に触れるような行為をするのはご法度ですが、目標達成のノルマが厳しいとか、軍隊的な社風といったことは、本来、会社の方針に委ねられるものです。であれば、最初から「当社は厳しい。離職率も高い」と宣言し、覚悟のうえで応募する人を集めた方が、採用する側もされる側も幸せだと思うのです。

 ブラックの定義が曖昧なため一概には言えませんが、少なくとも厳しい社風に批判が集まるのは、いつの時代にもあったことです。私が社会人になる頃は、野村証券や住友銀行、リクルートと言えば、一般的にモーレツ社風の会社として知られていました。しかし、多くの人がそのことを承知のうえで入社していたため、大きな問題にはならなかったような気がします。むしろ、そうした社風に共鳴し、覚悟のうえで入社した人たちの集団であることが、強さの原動力になっていました。

 もちろんブランドを毀損しますから、企業としては、ブラックと呼ばれるのは避けたいところ。特集では今どきの若手社員との接し方や育成方法を取材しました。ただ、若手に媚びれば済むわけではないでしょう。過度に緩んだ組織になってしまい、業績がブラックからレッドになれば、元も子もありません。大事なのは、実態を覆い隠して幻想を与え、期待と現実のギャップを広げないこと。厳しい社風であれば、堂々と「厳しい」と宣言する方が潔いと思いませんか。

                (日経ビジネス編集長 山川 龍雄)

まるで、被雇用者、特に現場の過酷な労働環境で働かざるを得ない若者たちが、社風を理解してそれなりの覚悟で臨めば本来問題にはならないかのような論調です。この方の意識の根底には、昨今のブラック企業問題が若者の根気のなさに起因するという認識があるように、私には読めます。

よく見れば本誌の特集タイトルも「それをやったらブラック企業 今どきの若者の鍛え方」ですからね。企業側がブラック企業と呼ばれるリスクをどう回避するか、ブラック企業と呼ばれないために若者をどう懐柔するか、そんな視点で企画されているように見えます。

考えてみれば日経新聞にしても日経ビジネスにしても主な読者層はバブル入社世代以上と就活生くらいでしょうから、「ブラック企業」と呼ばれる側の論理で記事作りした方がウケるわけでしょう。

日経ビジネスオンラインに掲載されている記事だし、ここ数日話題になっているのでご存じないとは思えませんが、昨今のブラック企業の代表格との呼び声が高いユニクロ及びワタミの経営者はすでに「当社は厳しい。離職率も高い」ことを事実として認めています。(ワタミの方は「離職率は高くない」とタイトルが付けられていますが、「飲食サービス業の離職率は、全産業と比べると高い水準」にあり、その中で見れば高いわけではない、という主張をしています。)

甘やかして、世界で勝てるのか:日経ビジネスオンライン
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20130411/246495/

「我々の離職率は高くない」:日経ビジネスオンライン
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20130411/246500/

おそらくユニクロやワタミに入社する若者は優秀な方が多いでしょうから、「やる気満々でタフな人」は採用できているはずです。しかし現実にはそうした人たちが再起不能になって社会に放り出されています。野村証券、住友銀行、リクルートでそんな問題が起きましたか?そりゃあ耐えられずにドロップアウトする人もいたでしょうけど、3年内離職率が50%超なんて事態が起きましたか?昔の若者はそんなにやる気と根気を備えていたんですか?そんなわけないでしょう。問題の本質をまったく理解していないとしか思えません。

こんな記事を読むくらいならこちらの新書を読んだ方が65,535倍くらい役に立つと思われます。もうバイブル化してますけど、これは現代人必読の書だと思います。

『ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪』今野晴貴(著)
http://irumashinjuku.net/?p=2126

あと20年もしたら日経新聞や日経ビジネスを読むのは年金暮らしのおじいさんばかりになっちゃうんでしょうかね。少子高齢化の時代だからそんな戦略もありかもしれません。

LINEで送る
Pocket