スポンサードリンク

2013年4月20日、中国四川省で発生したM7.0の大地震は、死者179人、負傷者7,000人の大きな被害が出ていると報じられています(2013年4月21日現在)。

20日、中国内陸部の四川省で起きたマグニチュード7.0の地震では、これまでに179人が死亡したほか、けが人もおよそ7000人に上っており、中国政府の緊急救援隊が、21日朝被災地に入って救出活動を本格化させていますが、余震が続いているため難航も予想されます。
(中国 地震で160人死亡 不安な一夜 NHKニュースより引用)

この地震に関連してtwitterで以下のツイートが大きな反響を呼んでいました。

9,188人がお気に入りに登録、16,609人がリツイートをしています。

うん、かわいそう。でも、こんな大きな地震なのになんで飼育員の人は普通に立ってられるんでしょうね。ずいぶん冷静じゃないですか。

私が確認した範囲では、というかgoogleで期間指定して検索しただけですけど、2004年12月26日に公開されている以下の記事に同じ画像が貼り付けられています。トルコ語なんでさっぱりわかりませんが、google翻訳によれば2004年のスマトラ島沖地震に関係した記事のようです。

参考:スマトラ島沖地震 (2004年) – Wikipedia


Hayvanlar felaketi hissediyor! | Sonsuz Şifa (動物は災害を感じる! |エンドレスヒーリング)
※google翻訳にて翻訳

(※この記事について間違いをご指摘いただいたので追記しました。記事末をご覧ください。)

面白いことに2011年3月11日、東日本大震災の後にもこの写真を使ったデマが広がっていたようで、スペインのサイトにそのデマを指摘する記事も出ていました。


Japón: La foto del oso panda asustado no es real (日本:怖がってパンダの絵は本物ではないです)
※google翻訳にて翻訳

2008年の四川大地震でわが子を守るようにして亡くなった親子の写真が東日本大震災の出来事であると偽るデマとか(参考1)、東日本大震災のとき気仙沼で津波で亡くなった姉妹の最後のメールとか(参考2)、天災に絡めて注目を集めようとする不謹慎なデマは絶えることがありません。

参考1:デマに感動するFacebookユーザー – Hagex-day info
参考2:震災姉妹 最後のメールはデマ!? – Hagex-day info

パンダが怖がってる写真なんて大した害はないから別にいいんですけど、何が楽しくてこんなことするのか全く意味がわかりません。

そんなこと言うと、こんな記事書いて何が楽しいかわかんないって言われそうですが。個人的な倫理感として嘘つく人が嫌いなだけです。

ちなみに、四川省パンダ保護研究センターのパンダ60頭はみんな無事だそうですよ。よかった、よかった。

パンダ60頭は無事 中国四川省の地震 – MSN産経ニュース


(2013/4/24 13:00追記)

お詫びと訂正

はてなブックマークでご指摘頂きました。

terazzo
トルコ語のやつ、記事の投稿日時は”02 15th, 2012″ですな。→http://www.sonsuzsifa.com/blog/2012/02/page/10/中国のサイトの検証によると初出は2006年に台湾にパンダを寄贈する際の記事らしい→ http://news.cnfol.com/130422/101,1281,14921940,00.shtml2013/04/24

Googleの検索結果を見て2004年12月26日の記事かと思い込んでしまいました。確かに記事内容からして地震の当日に上がってるのはなんか変だなとは思ったんですが。。すいません。

google search

ページのフッター見ても2009年に開設されたサイトみたいなので2004年の記事ということはありませんね。

お詫びして訂正致します。

LINEで送る
Pocket