スポンサードリンク

連続テレビ小説『あまちゃん』が大人気だそうです。

平日8時に家を出る勤勉なサラリーマンの私にはなかなか手が出ない代物だったのですが、先日nasneを購入してテレビ番組を録画する環境ができたので録画して鑑賞してみました。

参考:nasneを買いました

と言うのも、私は埼玉県入間市で生まれ育ち22歳で就職するまで好むと好まざるとに関わらず居住せざるを得なかったものですから、『あまちゃん』に「入間しおり」なるキャラが登場すると聞いて居ても立ってもいられなくなったのです。

入間しおりちゃんの初登場となった6月24日(月)放送分だけ取り急ぎ鑑賞しました。

irumashiori

「海はないけど夢はある埼玉在住アイドル。ノーオーシャンの元気印入間しおりです。今日も東武東上線に乗ってやってきました。元気いーっぱい(棒」

とやる気のない感じで、この辺りの演出はいかにもクドカンらしい感じがすごくします。『マンハッタンラブストーリー』の赤羽さん(小泉今日子(演))を思い出しました。

irumashiori

中の人は松岡茉優(まつおか まゆ)さんという女優さんだそうです。なかなか可愛らしいお嬢さんです。1995年生まれの18歳。私が大学に入学した年です。

世間の評判を覗いてみたのですが、どうも「入間」と聞いて「入間市」しか連想しない方が多い様子で、「入間市は西武池袋線だよ(ドヤッ」と言っている恥ずかしい方が散見されました。

埼玉県には入間郡っていうのがあるんですよ。現在は、三芳町、毛呂山町、越生町の三町からなります。私が子供の頃は、鶴ヶ島や日高、名栗、大井町なども入間郡でした。

入間郡 – Wikipedia


大きな地図で見る

この地域にはJR八高線と東武越生線の2路線が走っています。JR八高線はディーゼルの単線で東京都の八王子と群馬県の高崎を繋ぐローカル線です。駅時刻表でも2ページで済んでしまうような路線ですから都心への通勤に利用できる路線ではありません(参考:八高線(高麗川~高崎)の時刻表)。

入間郡にお住まいの方が「アメ横女学園」の事務所のある上野駅に出るためには、越生駅から東武越生線で坂戸駅に出て、東武東上線に乗り換えて池袋駅に出るのが現実的な経路になります。

ということで、埼玉県出身の入間しおりちゃんが東武東上線で上野に通っていてもまったく違和感がありません、という話でした。

ちなみに明治の廃藩置県後には武蔵国一体が入間県となっていた時期があったようです。その流れで戦後は広範囲で入間郡を構成していましたが、徐々に市や町が独立していき、現在の三町が残っているようです。もしかしたら、いずれ無くなる表示なのかも知れません。

ちなみに私の実家はJR八高線の金子駅から徒歩30分くらいの場所です。いいところですよ。何もないけど茶畑だけは腐るほどあります。

LINEで送る
Pocket