スポンサードリンク

最近、婚活パーティーに参加した感想などを書いたブログが話題になっているのを集中的に見掛けました。

最近急に多くなったのか、たまたま最近目に入り易かっただけなのかはわかりません。以前から周期的に話題になっているのを見掛けたりしていたので、ネット上のコンテンツとしては消費されやすい類の話題なんだろうなぁとは感じています。

1本目は20代の女性の方。内輪ネタが多くて半分は意味不明ですが。

急に婚活パーティーに興味が出てきて参加したんだけど、うまいことカップリングできて私もまだまだ捨てたもんじゃないと気づいたんだけど、よく考えたら実は結婚したかったわけじゃなかったんだ、私。という話。

一番に気になったのは、この人とカップリング成立しちゃった人はどうするんだろう、ということでした。文章からは彼に対する配慮が1ミリも感じられませんでした。表現が適切かわからないけど「ゲーム感覚」という言葉が思い浮かびました。

ルールに則って参加している以上、どんな心構えを持っていても一向に構わないのですけれど、こういう地雷は踏みたくないなぁと純粋に思います。

2本目はBL好きなアラサーの男性の方。

BL好き限定の婚活パーティーに意気揚々と参加したら、求められているのはBL好きな女性に寛容な男性であって、BL好きな男性ではなかったという衝撃の展開。あとは喫煙者に冷たい婚活事情とか、とても真摯に自己分析されていて好感を持ちました。

何気なく読んでたんですが、他の記事を見たら、著者の方はオンライン英会話のラングリッチの代表の方なんですね。写真を拝見しましたがイケメン過ぎて目が潰れました。

優良ベンチャーの代表で将来のセレブ入りも夢ではないし人並み以上のイケメンなのにハブられるって、現代の婚活の難易度の高さが窺い知れます。とてもじゃないですが、私のようなウジ虫が太刀打ちできる場では無さそうです。

何はともあれ、私はこの手の婚活パーティーには参加したことがないので、大変興味を持って読ませていただきました。

いずれのケースも、旧来のオクラホマミキサーからのフリートークでフィーリングカップル的な婚活パーティだったようです。この手法はずいぶん前から確立されているみたいなので進歩無いんだなぁと感じます。結局こういうのが一番効率的で成績がいいということなんでしょうか。そうでないとあんな非人道的なやり方が生き残るわけないです。

何で私が今までその手の婚活パーティに参加してこなかったか、もしくは参加する気にならなかったかと言えば、ひとえにあのフォークダンス的なというか、ベルトコンベアー的なというか、回転寿司的なやり方に生理的な不快感を持つからです。独身の健康な男と女を一箇所に閉じ込めておけば勝手に引っ付くだろう的な、強者の理論に吐き気を覚えます。

気づけば来月にはまた一つ年齢を重ねることになります。事ここに至ると婚活パーティーへの参加も検討した方がいいのかなぁというのも思わないでもない今日この頃です。

溺れる者は藁をも掴むと言いますし、立ってるものは親でも使えとも言います。そこに僅かでも可能性があるならば、そこへ歩を進めるのが婚活者の矜持なのではないでしょうか。それに、そんな異様な空間に踏み入れることができるのは、独身者だけの特権なのだから、一度は見ておいてもいいかな、という思いもなくはありません。

それこそ冷やかしにしかなりませんですね。失礼しました。

LINEで送る
Pocket

  • じゃっきー

    何かの書評をグーグルで発見して以来、ときどき寄らせて貰っている者です。

    婚活がうまくいかないとのことですが、主様は謙虚過ぎです!乙武さん事件の際に確か早稲田の法学部出身だと仰っていたような気がします。だとしたら、自信を持っていいと思いますよ ^ ^ でも、その謙虚なところが主様のいいところだとも思いますが。。

    知人の30代前半の女性がお見合いパーティで結婚しました。その相手は、旧帝大系国立大学卒でさらにそこの院卒。その女性は性格よく地頭も良いですが、知能面はちょっと弱く、中学生レベルの国語でもときどき???になるときがあり、男性は彼女にはもったいないと正直思いました。

    でも、男女のことなので、本人同士しか判らない何かがあり、お互い惹かれ合って、縁あって結婚したと思います。

    主様の頭脳をDNAに取り入れたいと思っている女性はたくさんいると思います。自信を持ってください!! ブログの読者として応援しています!!

    • じゃっきーさん、いつもコメントありがとうございます。

      ありがたいお言葉に涙がちょちょぎれる思いです。
      基本的に男は女性より優位に立ちたい生き物ですから、ちょっと頭の弱い女の子は人気あると思います。
      それをわかってか、意図的に抜けてる風に見せる女性も多いですね。大体演じているのはわかりますけどね。

      もし周りに私のような人間でも構わないというお知り合いがおられましたらご紹介いただけますと幸いです。
      ありがとうございました。

  • himitsu

    うーん、私も常々、もったいないなー、とは思っているのですがw
    ぜひともよい出会いがあること、お祈りしてます
    婚活に限らず、ネット上でたまたま、など、出会いをいくつか経験すると、期待しつつもそうそううまくはいかない、というのもわかってきますね 開き直りというか 度胸もついてきますし、冷やかしだろうとなんだろうと足を運ぶのは悪くないと思います くだらねー!とか思っても、それもまた収穫 おじゃましましたー

    • himitsuさん、コメントありがとうございます。
      おっしゃる通り、何事も実行しないと何も起きませんよね。
      himitsuさんにもよい出会いがあることをお祈りします。

  • Pingback: お見合いカフェに行きました | やめたいときは やめるといい。()