スポンサードリンク

40年近くダラダラと生きてきましたが、あまり高級なものとかには興味がなくて、北京ダックとやらを食したことはありませんでした。

ひょんなことからただ飯がいただけることになり、その幹事を務めることに相成りましたため、幹事特権を容赦なく行使して、予算内で北京ダックを食べられる店に決めました。

訪れたのは新宿三丁目の中華料理店、「全聚徳(ゼンシュトク)新宿店」さんです。甲州街道と明治通りの交差する新宿四丁目交差点から伊勢丹のある新宿三丁目交差点方面へ2,3軒進んだところにあるビルの上層階に入っています。

公式サイトの写真などはあまり綺麗な写真がなくて古めな感じの老舗レストランかと思っていたのですが、受付のある8階で降りるとシックな暗めの内装で統一されており、超高級店の風格でした。

10人を超える大所帯だったので個室に通されました。眼下には新宿御苑とその先には神宮の森が広がっており、なかなかの眺めです。

前菜は何かいろいろ乗った皿でした。全部説明してくれましたが、全部忘れました。うまかったです。

IMG_20130717_181301

次にエビチリが出ました。うまかったです。

IMG_20130717_183558

出ました、北京ダックなう。

IMG_20130717_184038

料理人がカッコつけて写真タイムを作ってくれました。最近はそういう心配りも必要なんですね。

一番安いコースだったせいか、自分で包んで食べる感じではなく、ワゴンでやってきた一匹を切り分けてくれて配膳してくれる形でした。

最初に、皮に砂糖をまぶしたもの。北京ダックに詳しい人の話では、通常はこういう食べ方をしないようです。全聚徳オリジナルの食し方のようです。

IMG_20130717_184253

その後、北京ダックは一旦奥に引っ込んで、皮で包んだものを持って来てくれました。ど素人が変な巻き方するよりずっといいでしょう。まじでうまかったです。

IMG_20130717_185745

その後は、炒飯とか、点心とか、一般的な中華料理が出てコースは終了です。

IMG_20130717_191121

中華料理なので紹興酒をいただきましたが、30年物が4万2000円とかで目が飛び出ました。一番安い5年物にしましたが、十分にうまかったです。ドリンク類は全般的に高めの価格設定でした。

今どきは安いお手頃価格の北京ダックも出回っているようなのですが、ちゃんとした店でちゃんとした料理をいただくというのも人生の肥やしになるものなのだろうと思います。自腹を切ってでも、たまにはちゃんとしたモノを食べた方が良いのでしょう。

ご馳走さまでした。


全聚徳(ゼンシュトク)新宿店
住所:東京都新宿区新宿3-32-10 新宿T&Tビル 8F・9F
電話番号:050-5868-8432(予約専用番号)
公式サイト:http://www.zenshutoku.com/
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13006835/

LINEで送る
Pocket