スポンサードリンク

なんかうまく動きませんでした。

先日リリースされたAndroidの最新版4.3でアプリごとに細かなパーミッションの設定ができる隠し機能が実装されていることが報道されていました。

Android 4.3 にアプリ別パーミッション設定の隠し機能が見つかる、有効化アプリ公開 – Engadget Japanese

元ネタはAndroid PoliceというAndroid専用のニュースサイトです。

App Ops: Android 4.3's Hidden App Permission Manager, Control Permissions For Individual Apps! [Update]

この機能は”App Ops”と呼ばれており、通常はアクセスできませんが、一部のアプリを利用することでアクセスできるようになります。私が確認できたのは、『Permission Manager』と『Nova Launcher』です。

Permission Manager – Google Play の Android アプリ
Nova Launcher – Google Play の Android アプリ

私はPermission Managerを利用して試してみました。Google Playストアから通常のアプリと同様にインストールし、起動します。

Screenshot_2013-07-29-21-37-10 Screenshot_2013-07-29-21-37-37
Screenshot_2013-07-29-21-37-43 Screenshot_2013-07-29-21-37-50

英語版では「App Ops」だったタイトルは日本語版では「アプリの操作状況」となっています。

画面の中は「位置情報」「プライベート」「メッセージ」「端末」の4つのタブに分かれていて、それぞれにアプリの一覧が表示されます。

どうやら、その機能を使用するアプリがタブ内に一覧表示されるみたいです。例えば、GPSを利用するアプリの一覧が「位置情報」タブへ、電話帳にアクセスするアプリの一覧が「プライベート」タブへ、といった感じ。FacebookみたいにGPS機能も電話帳のアクセスも行うアプリは「位置情報」にも「プライベート」にも表示されます。

一覧からダブルタップすると各アプリのパーミッション設定画面が開きます。どのタブから設定画面を開いても、設定項目に違いはありません。

例えば、LINEだとこんな感じの設定項目が挙がっています。かなり多くのパーミッションを必要としていることがわかります。

Screenshot_2013-07-29-21-38-13

例えば、Facebookだとこんな感じです。LINEよりもずっと設定項目が少ないです。

Screenshot_2013-07-29-21-54-32

試しにFacebookでカメラ機能をOFFにしてみたのですが、なぜか普通にカメラへのアクセスができてしまいました。アプリの再起動とか、端末の再起動とかもしてみましたが、特に状況は変わりませんでした。

なんだかよくわからんなーと思ってネット上の情報を彷徨っていると、どうやら「ギャラリー」でカメラをOFFにすればいいみたいな情報を発見しました。

Screenshot_2013-07-29-21-52-37

こうすると初めてFacebook側でもカメラが利用できなくなりました。ちなみにギャラリーのカメラがOFFならFacebookのカメラがONでもカメラは利用できません。

Screenshot_2013-07-29-21-54-08

どうもアプリごとに従属関係があるみたいな感じがします。でも、大元のアプリでOFFにしないと効かないのではどのアプリも大元のアプリの設定に依存してしまうわけで、これでは「アプリ毎のパーミッション設定」とは言えません。

短い時間で試しただけなので、開発者側の意図した動かし方をしているのかわかりませんが、現時点では期待通りの動きをしていないように見えます。

正式な機能としてリリースされるまではお遊び程度でいじるくらいにしておいた方がよさそうです。


関連記事

Galaxy NexusにAndroid 4.3が落ちて来た

LINEで送る
Pocket