スポンサードリンク

Galaxy Tab 7.7をICSにアップデートしようとしたら、ROM焼きに失敗して文鎮化してしまいました。
もうどうしようもないことがわかったので、折角だから分解してみました。

文鎮化の過程

Galaxy Tab 7.7はハードウェアのスペック的にはかなり高レベルにあったのですが、どうしてもHoneycomb(Android 3.1)の未熟感に耐えられず、ほとんど放置していました。何て言うか動きが全体的に唐突な感じがあるんですね。いわゆるヌルヌル感が足りない。

一応、7~8月中にICS(Android 4.0)アップデートが配信されると発表されていたのですが、一向に落ちて来る感じがしない。そんな間にMotorola XoomはJelly Bean(Android 4.1)にアップデートされちゃうし、何か残念な感じになってしまっいました。で、しびれを切らして手動でアップデートすることにしたわけです。

参考にしたのはこのページです。
Android ICS update for Samsung Galaxy Tab 7.7 is now available in Kies

まずSamsung Kies SoftwareをPCにインストールします。SamsungデバイスのUSBドライバはAndroid SDKに入っておらず、Kiesと一緒にしか提供されていないからです。
Support for GT-P6800

その後、Galaxy Tab 7.7をPCと接続するのですが、このときUSBドライバのインストールで何やらエラーが出ていました。これが予兆だったわけですが「ダメなら後で考えよう」くらいで先に進んでいました。

次に以下のサイトからファームウェアをダウンロードします(要登録、無料)。
SamMobile Firmware Page

Open AustriaのPDA=P6800XXLQ1をダウンロードします。Additional FilesにあるFlashprogramsも一緒にダウンロードします。この中に、PITファイルとodin3が含まれています。

で、odin3を起動してGalaxy Tab 7.7をodin modeで起動してPCに接続します。電源オフの状態からボリューム”ダウン”ボタンを押しながら電源ボタンを長押しするとodin modeに入れます。このとき何事もなく認識したのでUSBドライバは大丈夫と言う頭になっていました。

さっそくファームウェアを書きこもうとしたのですが、途中で真っ赤になって”Failed”になります。とりあえず認識はしていたので何度か繰り返したのですが、まったくダメ。

なんかタブレットとPCの間にビックリマークが表示される画面になって「Firmware upgrade encountered an issue」とか出てました。知ってるよ。この状態だと電源を切ることすらできません。

「どうにもならないな、どうしようかな」と思いつつ、仕事に出なければいけなかったのでとりあえず放置して家を出ました。

日中仕事をするふりをしながら調べた結果、母艦のPCがWindows 7(64bit)であるのが関係あるのかなという当たりを付けました。確かにUSBドライバのインストールでエラーが出ていたし、たまにodinが「Added!」「Removed!」を繰り返す動きも見られたからです。
(odinはデバイスを認識すると「Added!」、認識していたデバイスが認識されなくなると「Removed!」とメッセージを出します。)

他にWindows 7(32bit)のノートがあるので、そっちで試してみることに決めて、家路を急ぎました。

帰宅して様子を見ると画面が消えていました。「おや」と思いつつodin modeで起動すると何事もなく起動できます。で、事象が変わってないことを確認すべくodinからファームウェアを書きこもうとしたら、何もする前から電源が落ちました。その後もodin modeで起動はするもののあっという間に電源が落ちる。どうやらバッテリーが切れているようです。AC電源に繋いで一晩おいたのですが状況は変わらず。

こうしてGalaxy Tab 7.7は文鎮と化しました。

どうやら、「Firmware upgrade encountered an issue」と出る状態は緊急リカバリモードと言うようです。この間はファームウェアの書き込みができるけれど、バッテリーへの充電ができないようです。で、バッテリーが放電されてしまうとodin modeですら起動する手段がなくなります。こうなると打つ手なし。文鎮化というわけです。

と言うことで、今日のわかった。

  1. SamsungのUSBドライバはWindows 7(64bit)だと不安定(になる場合がある)
  2. ROM焼きに失敗したらバッテリーのあるうちに復旧すべし

悔しいので分解する

どうせ捨てるなら遊び倒してから捨ててやろう、ということで、分解してみました。

CNETにGalaxy Tab 8.9の分解写真が載っていたので参考にしました。
分解、「GALAXY Tab 8.9」–サムスンの中型タブレットの内部 – (page 10) – CNET Japan

ディスプレイと背面カバーの間にドライバを突っ込んでひきはがします。
20120804073747

マイナスドライバが2本あると作業し易いです。グリグリほじくり出していきます。
20120804073930

開きました。全体の2/3がバッテリーです。
20120804074236

バッテリーを外したところ。このバッテリーをうまく充電できれば復旧できるのだろうか。
20120804074802

外せる基盤を分解してみました。
残りは接着剤でガチガチなのでこれ以上は分解できませんでした。
20120804075943

全体的に接着剤で固定されていて、分解してもできることはバッテリーの交換くらいです。再度組み立ててみるときれいに組み上がるのでバッテリー交換であれば個人レベルでできるような気がします。予備のバッテリーをどう調達するかは問題ですが。あと分解するときに最初にドライバを突っ込むところはよほどうまくやらないと傷つきます。工場だと専用器具とかあるんでしょうね。

ちょっと使った感じでは、7インチタブレットは情報量も多く、持ち歩きにも便利でもっと売れてもよい気がします。iPad Miniの噂が出ていますので、そこで一気にブレイクする可能性もあるかもしれません。

自分としては今時点の選択肢だとやはりGalaxy Tab 7.7だと思うのですが、同じものを買い直すのも癪なので、7インチでJelly Beanが搭載されたイケてるデバイスが発売されるまで待ちにしようと思っています。


関連記事

Galaxy Tab 7.7がキタ━━(゚∀゚)━━!!!

LINEで送る
Pocket

  • Pingback: iPad MiniとGalaxy Tab 7.7のスペックを比較してみた | やめたいときは やめるといい。()

  • こんにちは、Tab 7.7 の分解記事を探してたどり着きました。

    初代Tab で同様の経験があります。自分の場合、液晶に接続されているコネクタを
    外して一晩充電をしたら復活しました。
    液晶(7.7 は有機ELですね)が表示された状態だと、バッテリーに充電できる容量を
    確保できないのだと思います。もう復旧済みかもしれませんが、

    ①液晶(有機EL)に行っていると思われるコネクタを外し、一晩充電する。
    ②ebay あたりで予備のバッテリーを買う。

    で対応可能ではないでしょうか? 愛機SC-01E と違い、P6800 はグローバルモ
    デルなので、まだまだ楽しめると思います。

    復活の参考になれば幸いです。

    • ばっくらしゅさん、コメントありがとうございました。
      残念ながらもう復活は不可能だと思って廃棄してしまいました。。。
      確かに液晶の表示が消えなかった記憶があるので、液晶が繋がってると浪費されちゃうんですね。
      全く思い浮かびませんでした。今後の参考にさせていただきます。
      ありがとうございました。

      • あぅ、もったいない。もう少し早くたどり着けていれば…
        テザリング欄にもコメント書き込みましたので、よろしかったら
        お試しを。