スポンサードリンク

テレビを観ないので全然知らなかったのですが、竹野内豊さんが出演する缶コーヒーのCMが話題になっていたようです。

shimiruze

Roots アロマスペシャルサイト
※「しみるぜ。」編。広告情報から動画が観れます。

マンションの一室でパスタを作っていた竹野内豊さんができ上がったパスタを持ってリビングに向かうと一人の女性がテーブルを叩いて走り去っていきます。街中を探し回って女性を見つけた竹野内さんが話しかけると女性は「最低。さっき一瞬パスタどうしようって思ったでしょ」と言い放ちます。女性がマンションを走り去るとき一瞬竹野内さんが両手に持つパスタに視線を向ける場面が再生されます。さらに女性が「いつもそう!ペロくんの話した時ポケットに手突っ込んでたし!」と畳みかけ、竹野内さんはしょんぼり下を向いています。

この「さっき一瞬パスタどうしようって思ったでしょ」というセリフの意味がよくわからない、というのが話題になった原因だそうです。

ご丁寧にも缶コーヒーの販売元であるJTの担当者に取材をしている記事も上がっていました。

女性が「パスタどうしようって思ったでしょ」 意味分からん竹野内豊CM、実はストーリーがあった (1/2) : J-CASTニュース

 竹野内さんと女性は何らかの理由で喧嘩していて、機嫌を直してほしいとの思いで得意料理のパスタを作った。しかし苛立ちが募っていた女性の怒りが爆発し、部屋を出て行ってしまう。この時竹野内さんがパスタに目をやったのを、女性はしっかり見ていた。「こっちはこんなに怒っているのにパスタのことを気にする」、その態度にいらついたのだ。
 「ペロくん」というのは女性の飼い犬で、ペロくんについて何か心配事を打ち明けた時も、ポケットに手を突っ込んで「俺は関係ない」というような態度だったことを根に持っていた。喧嘩して怒っている状態で、些細な行動への苛立ちが倍増してしまう、という恋愛中の心理を描いたという。

なんて言うか、こんなことを解説しないと理解してもらえないのではCMとしては失敗作ってことになるんでしょう。しかしこの展開で理解してもらえないのもちょっと気の毒だなぁという感じはします。説明してもらわなくてもわかるでしょ。

私がこれを見て思ったのは、一つだけです。

何これ、めんどくさい。

女性が機嫌を損ねた理由はよくわかりませんが、女性の機嫌が悪い時には何か食わせとくっていうのは常套手段だと思います。たぶん女性もいい歳なんだから彼が仲直りしようとして得意料理を振る舞おうとしているのはわかるはず。それを承知の上で食べずに走って去るというのは、仲直りしようという男性の気持ちを踏みにじる行為です。強い憤りを感じずにはいられません。

大体せっかく作ったパスタはどうなるんですか?竹野内さんがしょんぼり帰って2人前食べると思いますか?たぶん自分の分だって食べる気力ありませんよ。世の中には食べたい物も食べられない可哀そうな人々がいくらでもいるのにどうゆう神経をしているのでしょうか。

人間だから怒ることはあるだろうし、出て行くのは勝手です。でも、自分のために他人が作ってくれた食事はちゃんと食べてからにしなさい。

間違いなく言えるのは、私ならこんな女性の後は追わないってことです。それができればこんな歳まで一人でいません。

LINEで送る
Pocket