スポンサードリンク

タイトルがすべてなんですが。

世の中には無数のブログがあって、普段からRSSリーダーとかtwitterとかfacebookとかでモニタリングしているブログもあれば、他人のSNSへの投稿やはてなブックマークなどで存在を知るブログもあります。

それぞれのブログで日々無数の記事が生産されていて、もちろんくだらない記事もあるし、もちろんすばらしい記事もあります。くだらないかすばらしいかは普遍的なものではなくて、自分の現在の状況が記事の内容と共鳴して深く心に響く場合も多いと思います。

心に響く良い話に触れたとき、困っていたことを解決してくれる情報が得られたとき、関心のある時事について新たな視点を提示してもらえたとき、そんなすばらしい記事に出会えたとき、著者に何かの形で感謝の意を表したいと思うことがあります。

ブログ記事に対して取れるリアクションは今ではたくさんあります。一番直接的なのはブログのコメント欄です。感想の記事を書いてトラックバックを飛ばすというのもありましょう。twitterやfacebook、はてなブックマークなどで拡散するのも一つのやり方です。ブログサービスの用意する仕組みを利用することもできるかもしれません。例えば、はてなダイアリーならはてなスター、fc2ブログなら拍手とかそんな感じのやつです。

もちろんページビューが増えるのは、ブログを書いている人間としては無上の喜びではあります。でも、そこそこ長くブログを運営してくるとページビューとか割とどうでもよくなってきたりするんですよね。それよりAdsenseの広告料とかぐーんと上がってたりすると超嬉しかったりします。やっぱり地獄の沙汰も金次第と言いますし、マネーはいくらあっても困りません。

そんなわけで、最近私は、素晴らしいブログ記事に出会えたときには広告をクリックすることで感謝の意を表することにしています。いい書評に触れた時にはamazonのアフィリエイトから本を買うこともあります。自分は何も損しないし、ブログ主さんは広告収入が入って嬉しいし、広告主は広告に飛んでもらえて嬉しいはず。誰も損していません。まさにWin-Win-Winです。

なかなか広告クリックしてくださいってブログ主から言うのは難しいし、たぶん規約違反なんですけど、暗黙の了解として良い記事には広告をクリックする文化が浸透するといいのになあと思っています。

私はクリックしてくれとは言いませんけれど、あなたがクリックすることを拒む理由はありません。クリックするかしないかはあなた次第。

LINEで送る
Pocket