スポンサードリンク

先日読んだ『今日、ホームレスになった』の続編です。構成は同じような感じで、著者が15人の派遣労働者にインタビューした内容をまとめたものです。

前作とちょっと違うのは、出てくる人が実際に派遣をクビになった人だけではないということです。確かに派遣で働いていて日々失職の恐怖を感じているけれど今のところまだ仕事はあるという人もいるし、そもそも派遣ではなくてフリーターだという人もいます。つまり、タイトルが嘘とは言わないけれど過剰に煽ってる部分がありました。

本書は2009年6月初版になっています。2008年9月にリーマンショックが発生し、2008年の年末には日比谷公園に年越し派遣村ができました。まさに今日派遣をクビになった人、明日にも派遣をクビになる恐怖に震える人が社会を騒がせていたさなかに取材された本です。たぶんこの当時は類書が多く出ていたんだろうと思いますが、生の声を淡々と記している点で貴重な本のように思います。どれだけ脚色されているのかはわかりませんけれど。

私は当時からなけなしの貯蓄を投資に回していたので当時の雰囲気を何となく覚えています。あの頃は円キャリートレードを背景にした円安が際限なく進んでいて、直前の決算期までは大企業が過去最高益を連発していた頃でした。その立役者とされていたのが改正労働派遣法であり、これに基づく派遣社員たちでした。適材適所で必要な時だけ機動的に(安く)雇用できる人材を活用できるようになったことが、この好決算の要因であると実しやかに分析されていたような気がします。

そんな裏で非正規雇用の人たちは不安を抱えつつ、でも好業績に支えられて何とか働くことができていたのが、一気に瓦解したのがリーマンショックと、これに引き起こされた世界的金融不安でした。

さて、本書の第一章は「日雇い派遣はツラいよ」と題されています。会社の倒産や整理解雇で職を失って日雇い派遣で生活する30歳前後の若者を取材しています。

第二章は「就職氷河期が尾を引いて」。1990年代終盤から2000年代前半の就職氷河期に新卒正社員の座に就けなかったことで、契約や派遣、フリーターで働かざるを得なかった30歳前後の若者に取材をしています。

第三章は「一度は正社員だったのに」。一転して、長く正社員で働いてきたけれど、会社の早期退職や倒産で非正規労働に入った40代以上の苦境をレポートしています。高齢で職を失うことがいかに恐ろしいことかがよく描かれています。

第四章は「泥沼のフリーター生活」。20代から50代まで様々な年代のフリーターを取り上げています。事情は様々だけれどフリーター生活の苦しさがよく伝わってきます。

就業者全体における非正規雇用の割合は2012年に過去最高を記録し、2000万人を突破したと報告されています(参考)。非正規率が急激に上昇したのは2002年から2007年ですが、2007年から2012年でも3%ほど割合が増加しています。2012年時点で非正規率は38.2%だそうです。小学校のクラスメイトが40人ほどだったとしたら、15人ほどは非正規雇用になっているという計算になります。これは全世代平均ですから、おそらく若い世代ほどその割合は高くなっていることでしょう。

おそらく今後も非正規雇用は増えこそすれ減るということはないでしょう。政府はこの問題を解決すべく、雇用期間は無期限ながら昇進等は制限される「准正規雇用」なるものを検討しているようです。個人的には、むしろ階層の固定化を進行させるだけで、非正規雇用から抜け出すことがより困難になるだけのような予感がします。

私は学生時代のアルバイトを除けばずっと正規雇用で働いてくることができました。有難いことだと思います。今の自分の環境に感謝しつつ、将来にわたって環境を維持できるように精進したいと考えた次第です。

がんばるぞー

LINEで送る
Pocket

  • ねい

    19歳の頃派遣でしたが今のように登録派遣とか無く。待遇もそんなに悪くなかった。一年後には班長になりましたしね。

    でも不安を覚え零細企業に入り。でたらめな会社でも技術を身につけていき、今は年収は良くありませんが大企業で働いています。

    学生の時に努力し(俺はそんなにやってない) 会社に入っても努力し。休日を削って資格を取得したり。
    あの派遣村にいた人は俺のように努力したのだろうか。

    と思うと彼らはぬるいと思います。

    あ、今日会社でインフル打ちました。2400円かな。

    • ねいさん、コメントありがとうございます

      努力したら努力した分だけ報われる世の中だと望ましいとは思いますけど、なかなかそうはいかないようです。
      足りてないんじゃないかと思わなくもないですが、うまく行ってない人に対して批判的な言い方はあまりしないようにしたいと思っています。
      今の世の中、自分も明日どうなるかわからないですからね。

      予防接種安いですね。保険料が高いかもしれないから単純には比較できないけど、会社で打てるのはうらやましいです。