スポンサードリンク

松嶋菜々子と堤真一のラブコメ『やまとなでしこ』を観ました。2000年の月9で、平均視聴率26.4%、最高視聴率は34.2%だそうです。

yamatonadeshiko1
▲最終話より

貧乏な家で育ち金だけを愛する客室添乗員の女と、MITに留学するほどの実力がありながら父の急死で実家の魚屋を継いだ男が、出会って、離れたり魅かれたりを繰り返して、最後はゴールインするという、ザ・トレンディードラマといったお話でした。

ちなみに脚本は中園ミホさん。「ハケンの品格」などが有名な脚本家さんです。

何と言っても松嶋菜々子の迫真の演技が素晴らしい。合コン仲間の女性集団の中の顔、合コンで金持ちの男を落とすときの顔、婚約者の大病院の御曹司の前の顔、魚屋の前の顔、実父の前の顔、いろんな側面を持つ複雑な女性の役を見事に演じきっています。

私は松嶋菜々子というと「GTO」か「利家とまつ」くらいしか記憶になくて、旦那の反町隆と同じでワンパターンで押していくイメージしかなかったのですが、すごい演技派だったんだと認識しました。

脇を固めるキャストも手堅い印象でした。堤真一、西村雅彦、筧俊夫、東幹久、矢田亜希子、須藤理沙、森口瑶子、市毛良枝、などなど。あぁ、あの頃のドラマはこんな感じだったなぁ、としみじみと感じましたし、とても安心して観られました。

筧俊夫と東幹久だけはなんとなく時代を感じたんですが、あれはなんでしょうね。最近あまり見掛けなくなったからでしょうか。キャラがバブルチックだからでしょうか。

結婚及び離婚を経る前の押尾学と矢田亜希子が共演しているのもいい味出してます。ドラマ内ではそんなに絡まないですけどね。

yamatonadeshiko1
▲第1話より

最後にクランクアップ時の特典映像が収録されていたんですが、キャストやスタッフがとても仲良さそうなのが伝わって来ました。コメディみたいなノリが決め手のドラマだと収録外の場の雰囲気ってのも重要になってくるのでしょうか。

あまり重くならずに気楽に観れるドラマはいいですね。


ドラマの感想など

TVドラマ『ROOKIES (ルーキーズ)』佐藤隆太、 市原隼人など(出演)
TVドラマ『ギルティ 悪魔と契約した女』菅野美穂, 玉木宏(出演)
TVドラマ『バージンロード』和久井映見、反町隆史、武田鉄也(出演)

LINEで送る
Pocket