スポンサードリンク

京王線千歳烏山駅北口から道路を挟んだ反対側の並びに二軒のラーメン屋があります。一軒は赤い看板の家系ラーメン武蔵家、もう一軒が白い看板のつけ麺・らあめん竹屋です。

竹屋がオープンしたのは数か月前のことで、その前には黄色い看板の博多ラーメン長浜やが営業していました。新しい店がオープンしたのは承知していたのですが、あいにく最近は休日の昼に地元にいることが少なかったのでなかなか訪問する機会がありませんでした。

ざっと調べたところ、東久留米に本店があり、調布にも支店がある模様です。食べログの口コミ情報によれば、ラーメン王石神秀幸さんの本にも掲載されている名店とのこと。朝食抜きで気合いを入れて行ってきました。

IMG_20131223_131205

店外の食券機で食券を買います。メニューは主にらーめんとつけ麺で、それぞれ小・並・中・大みたいな感じで麺の量を決め、トッピングも味玉、のりなど定番のものが揃っています。食券機のボタンに「並(2玉)」といった麺の量が書いてあるので、選びやすいような配慮がされています。

最初は中盛にしようかと思ったのですが、表示されてる量を見て怖じ気づき並にしておきました。何のために朝食を抜いたのか。でも結果から言うと正解でした。並盛でも結構な量がありました。

店内に入ると店員さんに席へ案内されます。食券を店員さんに渡すと、麺は普通か太麺か、冷たいか温かいか、を聞かれます。寒かったので太麺のあつ盛りでお願いしました。

店内はカウンター席が10席ほどL字型に並んでいてだいぶ狭いです。カウンター下にフックがありますが荷物置きはありません。レトロな看板などが所狭しと飾りつけられていてオシャレな雰囲気です。

IMG_20131223_130100
▲つけ麺、並 750円也

スープは辛めの魚介系。具は平均的なもので特筆すべき点はありません。麺は太くてこしがあり食べ応えがあります。全体的に完成度は高いと思いました。

ちょっと難があったのは、箸がよくないのか麺が滑ってつかみづらかったことです。プラスチック製の太めの箸でしたが、先端に向けて細くなっていく形状がよろしくないんじゃないかと推察しています。木製の箸とかプラスチックでも表面がマット加工されているのとか、改善の余地がありそうな感じがしました。

店員さんも元気がよく、かと言ってうるさくもなく、教育が行き届いている印象で、好感が持てました。今度はらーめんも試してみようと思います。

ごちそうさまでした。


竹屋 千歳烏山店
住所:東京都世田谷区南烏山6-2-3
電話番号:非公開
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13161460/


大きな地図で見る


千歳烏山のラーメン屋

千歳烏山駅徒歩10秒の家系ラーメン、武蔵家
アメリカ人シェフの創作ラーメン、アイバンラーメン
加藤茶夫妻の通う環八沿いのみそタンメン、みそ一発2

LINEで送る
Pocket