スポンサードリンク

今まではauのガラケーとb-mobile U300挿したNexus One(Googleから個人輸入)の2台持ちだった。b-mobileのチャージが2月末で切れたので、この機会にauをスマホに機種変更して1台にしようかと考えていた。でも、いまいちイケてる端末が無くって、そのくせ月額料金が高くなりそうだったので、2台持ちを継続することにした。

機種を変えるのであれば、ここはNexusシリーズを継続でGalaxy Nexusしかなかろうと考えていた。SIMフリー端末販売のexpansysとかで確認するとおおむね5万円程度である。Nexus Oneも同じくらいのコストが掛ったのだけれど、これだけAndroidが出回った今となってはそんな金額出す気にはなれない。別にNexus Oneが壊れたわけでもないし、最悪また6カ月b-mobileを継続すればいい話だ。一旦は半年様子見に心が傾いていた。

ところが、何気なくアマゾンで「Galaxy Nexus」を検索してみると、うじゃうじゃ出てくることに気付いた。しかも最安値では2万8000円くらい。なんじゃこりゃと思ったら、ドコモ版Galaxy Nexus(SC-04D)の白ロムだった。念のため調べると、白ロムのSC-04Dをb-mobileで運用している人もうじゃうじゃ出てきた。そのままポチっとして、ついでにb-mobile Fairも購入。2日後には手元に届いていた。

Galaxy Nexusの箱。裏側にはdocomoのロゴがばっちり入っている。
20120311111750 20120311111758

Nexus OneとGalaxy Nexusを比べてみた。大体Nexus Oneの全体とGalaxy Nexusのスクリーンが同じくらいの大きさだ。
20120311112332 20120311112346

無事にb-mobile Fairで通信できることを確認。やはり速度制限のないFairは、300kbps制限のU300とは早さが違う。端末自体の操作感も桁違いに早い。せっかくなので、それぞれのスペックをまとめて比較してみたよ。ちなみにNexus Oneの発売は2010年1月、Galaxy Nexusの発売は2011年12月だ。2年弱でほぼ倍のスペックになっている。ムーアの法則は健在だ。

Nexus One Galaxy Nexus
CPU Qualcomm Snapdragon 1GHz TI OMAP 4460 Dual-core Cortex A9 processor 1.2GHz
メモリ 512MB 1GB
ストレージ 512MB 16GB
画面 3.7inch AMOLED 4.7inch Super AMOLED
解像度 800×480 1280×720 HD
バッテリー 1400mAh 1750mAh
サイズ(H×W×D) 119×59.8×11.5 135.5×67.9×8.9
重さ 130g 135g

さて、端末の動作も回線速度もサクサクになって、ウキウキして使っていたのだけれど、あることに気が付いた。

テザリングができない(#゚Д゚)

Android OSは標準機能でテザリングが可能なので、USから個人輸入してフル機能が使えるNexus Oneでは当然テザリングができた。一方、docomo向けに製造されているSC-04Dは一部機能制限がされているわけ。ちなみに同じGalaxy Nexusでも国際版のGT-i9250であればフル機能が使えるようだ。そんなに頻繁にテザリングが必要なわけではないのだけれど、旅行先とか実家に帰省したときとか使えるとだいぶ気分が違うのだ。

調べてみるとGoogleがGalaxy Nexus向けのまっさらなイメージをリリースしていることがわかった。どうやらこれを入れればフル機能を使えるようになるようだ。参考にしたのは、この辺り。
Google、Galaxy Nexus GT-I9250を工場出荷時の状態に戻すためのイメージファイルを公開
ちょー簡単にGalaxy Nexusのブートローダーをアンロック&root化しました

基本的に、この辺りの手順に従えば確実に国際版GT-i9250の工場出荷時の状態に戻すことが可能。一点だけ手間取ったのは、Android SDKから「Google USB Driver package」がインストールできなかったこと。母艦がWindows 7 x64だったのが原因らしい。SDK Archivesからzipのフルパッケージをダウンロードしてくると、中にusb_driverフォルダがあるので、これを使えばよい。

一応、キャプチャ取っておいたので貼りつけておく。


#Galaxy Nexusでボリューム↑↓両押しからの電源ON。
#デバッグモードになったらPCに接続。USBドライバをインストール。
#ブートローダアンロック
C:Program Files (x86)Androidandroid-sdkplatform-tools>fastboot oem unlock

OKAY [ 22.709s]
finished. total time: 22.710s

#CWM Recoveryでドコモイメージをバックアップ
C:Program Files (x86)Androidandroid-sdkplatform-tools>fastboot boot recovery
-clockwork-5.5.0.2-maguro.img
downloading ‘boot.img’…
OKAY [ 0.548s]
booting…
OKAY [ 0.330s]
finished. total time: 0.879s

#再起動したらバックアップイメージをPC等にバックアップ
#ここから本番。ブートローダーの書き換え
C:Program Files (x86)Androidandroid-sdkplatform-tools>fastboot flash bootloader bootloader-maguro-primekk15.img
sending ‘bootloader’ (2308 KB)…
OKAY [ 0.241s]
writing ‘bootloader’…
OKAY [ 0.616s]
finished. total time: 0.860s

#ブートローダーの再起動
C:Program Files (x86)Androidandroid-sdkplatform-tools>fastboot reboot-bootloader
rebooting into bootloader…
OKAY [ 0.007s]
finished. total time: 0.007s

#ベースバンドファームの書き換え
C:Program Files (x86)Androidandroid-sdkplatform-tools>fastboot flash radio radio-maguro-i9250xxkk6.img
sending ‘radio’ (12288 KB)…
OKAY [ 1.253s]
writing ‘radio’…
OKAY [ 2.023s]
finished. total time: 3.277s

#ブートローダーの再起動
C:Program Files (x86)Androidandroid-sdkplatform-tools>fastboot reboot-bootloader
rebooting into bootloader…
OKAY [ 0.008s]
finished. total time: 0.009s

#システムイメージの書き換え
C:Program Files (x86)Androidandroid-sdkplatform-tools>fastboot -w update image-yakju-icl53f.zip
archive does not contain ‘boot.sig’
archive does not contain ‘recovery.sig’
archive does not contain ‘system.sig’
——————————————–
Bootloader Version…: PRIMEKK15
Baseband Version…..: I9250XXKK6
Serial Number……..: 014691471501001C
——————————————–
checking product…
OKAY [ 0.007s]
checking version-bootloader…
OKAY [ 0.007s]
checking version-baseband…
OKAY [ 0.007s]
sending ‘boot’ (4074 KB)…
OKAY [ 0.419s]
writing ‘boot’…
OKAY [ 0.346s]
sending ‘recovery’ (4406 KB)…
OKAY [ 0.458s]
writing ‘recovery’…
OKAY [ 0.609s]
sending ‘system’ (317594 KB)…
OKAY [ 32.142s]
writing ‘system’…
OKAY [ 31.859s]
erasing ‘userdata’…
OKAY [ 0.528s]
erasing ‘cache’…
OKAY [ 0.022s]
rebooting…

finished. total time: 66.616s


手順に戸惑わなければ10分あれば十分だろう。

懸念はしていたけれど、ぼくはあまり手が大きくないので、4.7インチのスクリーンは片手では満足に操作できない。しかし思った以上に薄くて軽いので、意外とでかさは感じない。とにかく動作がサクサクで早い。facebookのニュースフィードを追い切れないくらいだ(嘘)。特にカメラのシャッタースピードが早いのにびっくりした。ただし、逆に手ぶれが目立つようになってしまった。これは何とかしたいところだ。

いずれにしてもなかなか満足な選択だった。当分これで遊べそうである。

LINEで送る
Pocket