スポンサードリンク

土日が休みの人は大抵そうだと思いますが、日曜の夕方が好きではありません。

ただし、多くの人とは理由が違っていて、別に月曜日から出勤するのが嫌というわけではありません。休日に何やるかを考えるよりも仕事していた方が頭使わなくて済むんで、むしろ新しい一週間が始まることは歓迎する気持ちの方が強いです。

私は日曜の夕方は通常、近所のスーパーマーケットで一週間分の買い出しに行きます。何が嫌かと言うと、日曜の夕方には普段の倍くらい買い物がしづらいからなのです。

日曜の夕方のスーパーマーケットは、とにかく家族連れが多いです。普段はお母さんが一人で買い物して帰って行くところを、両親とお子さんの3~4人連れで来るわけだから、店内の人口密度が急上昇します。

皆さん買物量が多いですからカートの出動量も多いです。カートを押すのは買い物慣れしていないお父さんです。この人たちは他人の邪魔にならないカートの位置取りを知らないので大変通行に邪魔なところで立ち止まってたりします。

子どもたちも両親とスーパーマーケットに来る非日常に興奮しています。勝手に要りもしないものをカートに入れてお母さんに戻してこいと言われ、無意味に反抗してさらにお母さんの怒りを買ったりしています。そうしたやり取りすらも楽しいようです。

複数人で買い物に来れば買う物を決めるために多少の議論が発生します。棚の前にカートを横付けして家族会議を繰り広げる人たちも少なからずいます。そういう人たちは周りの状況が見えていませんから、後ろの人たちがあなたたちがどくのを待っていることにも気づきません。

レジ待ちの列も長いです。お金払う人一人で並べばいいのに、無意味に家族勢揃いでレジに並ぶ人たちも多いです。無駄に列が伸びるのでレジ前の通路を通過することができなくなります。

そんな感じで、家族客が多い日曜の夕方には、単純に買い物客が多くなる以上にストレスが強いのです。と言っても家族客は買い物に来るなっていうのも乱暴な話だし、そんなことを言われる筋合いもないでしょう。そもそもこっちの方が嫌なら来るなと言われるのがオチです。

ということで、最近は平日の夜に小まめに買い物に行くように変わりつつあります。都内だと夜遅くまで営業しているスーパーが多いので不便はないですが、将来的に郊外に住むようになったらどうなってしまうんだろうかと今から要らぬ心配をしてしまいます。

結局は負け犬の遠吠えなんですけどね。

LINEで送る
Pocket