スポンサードリンク

はてなブックマークというサービスがあります。いわゆるソーシャルブックマークの一つで、日本では最も普及しているサービスだと思います。

このサービスはブックマークに対して100文字までのコメントを付けることができて、基本的にそのコメントは公開されています。ある記事に対してみんながどんな意見を持っているかが確認できて、どう捉えていいか判断が難しいニュースなどは世論の一部が垣間見えるのでとても便利です。

はてなブックマークにはIDコールという機能があります。コメントの中に特定のユーザのIDを入れると、そのユーザにコメントが通知される機能です。あまり使ったことはないし、今まであまり受け取ったこともありませんでした。

で、私がある記事にブックマークしたコメントが気に入らなかったらしく、あるユーザからIDコールをもらいました。こんな感じです。

20120830191400
20120830191401

mh200011というのが私のIDです。ncc1701というユーザが「id:」に続けて私のIDを付けています。これでこのコメントが私宛にメールで届くことになります。

元の記事は、公益財団法人・日本生態系協会の池谷奉文会長が講演で不適切な発言をしたことについて報じたニュースでした。

私の中では「差別」って客観的に明確な差があって、その差に基づいて分類した一方を侮蔑することだと思っています。今回の場合だとそもそも客観的な差が存在しないから、これは誹謗中傷の類の発言だと考えています。この手のものを「差別」だっていう人って、「あの人たち」と「私たち」の間に違いがあるって前提で話しているんだと思うのです。それはむしろ相手に対して失礼なことだと思います。

そもそも「差別」って学術的にも明確な定義がないみたいだし、言われたりやられたりした人が「差別された」と感じたら「差別」になってしまうところがあります。「セクハラ」なんて正にそれです。

そんな思いがあって「不適切」な発言だし許されないことだとは思うのだけれど、「差別」というのは適当ではない気がするな、と思ったわけです。

ところが、何が気に入らなかったのか、それに対して上記の反論めいたものをIDコールでいただいたわけです。

どうやらid:ncc1701さんは「差別」と「区別」は違うんだぞっていうお決まりの短絡的な思考で語っているみたいに見えます。

id:ncc1701さんは「科学的根拠がない「区別」は差別」と言っています。「区別」すること自体が「差別」だと。典型的な差別で思い付くところだと、国籍・人種・性別・宗教・職業・身体的欠陥とかが出てきますが、いずれも客観的に明らかに区別することが可能なものです。「科学的根拠がない「区別」は差別」という根拠が私には見付けることができませんでした。

また「伝染病保菌者を隔離するのとは違う。」とも言っています。たぶん「伝染病はうつることが科学的に明らかで、隔離することによって感染を防ぐ根拠がある」ということを言いたいんだろうと思うんですけど、では根拠があるならこの手の発言はしてもいいってことなんですかね?

可能な限り客観的に見ているつもりですが、id:ncc1701さんは私のコメントをきっかけにして自分の言いたいことだけを言ってるようにしか見えません。このコメントに私のIDをコールする意図がまったく理解できません。私から何か返答が欲しいんでしょうか?「差別とは何か」という問題を私と語り合いたかったんでしょうか?

そもそもはてなブックマークというサービス自体が到底議論ができるプラットフォームではありません。まず、特定のページに対して1つのIDでは1つのコメントしか残せない仕様になっています。つまり何か反論しようとすると前のコメントに追記するか、前のコメントを上書きするしかありません。また、全部で100文字しかコメントできないから追記は限界があるし、上書きしてしまうと話の流れが外からは追うこともできません。twitter以上に議論には向かない場です。

そう考えるとid:ncc1701さんがやったことって、いきなり後ろから人の後頭部を殴りつけて車とか使って追い付けない速度で遠くに走り去っていくのと大差ありません。本当に気色悪い。

でも折角なので、id:ncc1701さんをお気に入りにいれて、しばらく追っかけてみようと思います。どうぞよろしく。

LINEで送る
Pocket