スポンサードリンク

以前コメント欄で教えていただいた『マディソン郡の橋』を観ました。

クリント・イーストウッドが製作・監督・主演を務め、メリル・ストリープがアカデミー主演女優賞にノミネートされました。

ロバート・キンケイド(クリント・イーストウッド)はナショナルジオグラフィック誌のカメラマンです。珍しい屋根付橋であるローズマンブリッジを撮影してにアイオワ州までやってきて、農場の主婦フランチェスカ・ジョンソン(メリル・ストリープ)に偶然出会います。

ちょうど家族が一週間祭りで留守にしており家に一人だったフランチェスカはイケメンのロバートに魅かれていきます。二人で食事をしながら語り合う中で、二人は恋に落ち、結ばれるのでした。

しかしアイオワの田舎町では二人のような不適切な関係はすぐに知れ渡るし、それは家族の破滅を意味します。なお主人と子供たちを愛しているフランチェスカはロバートとの別れを決断します。

クライマックスは夕立の降る街中で、旦那と買い物に来たフランチェスカがロバートと偶然再会する場面。互いに存在を認識しながら近付くことを許されない関係が泣かせます。

二人はその後再会することもなく、フランチェスカは旦那だけを愛し、ロバートは独身のまま生涯を終えました。しかし、二人とも四日間の恋を忘れることはなく、共に亡くなった後は一緒になることを望んでいたのでした。

率直な感想を申し上げますと、私にはよくわかりませんでした。たぶんそれは、私には配偶者も子供もいないからだろうと思います。

この作品では同じ町に住んで不倫で村八分になっている女性が描かれています。その存在がフランチェスカが最後の一歩を踏み出すことを自省する一因となっていて、おそらくより広い観衆を惹きつけるための工夫の跡だと思います。「子供が手を離れようとしている年代の田舎に住む女性」では如何にもターゲットが狭すぎます。

すでに人生を共に歩んできたパートナーがあり、夫も子供も愛しているけれど、それでも抗い難い恋に落ちる女性の心に寄り添うには、私はあまりにも経験値が不足しているように感じました。

この作品の本当の意味で理解できるような人生が送れることを強く願っています。

しかし、クリント・イーストウッドはかっこいいですね。彼は1930年生まれだそうなので、この作品の時点で65歳くらいのはず。大してドラマチックな展開もなく、気の利いたセリフもなく、眼差しだけでメリル・ストリープを落としながらも納得感があるというのは、ちょっと尋常ではないです。

何と言うか、一定の層には響く名作であるのは認めざるを得ないけれど、自分の境遇とはあまりにもかけ離れていて、高校生が背伸びしてラブロマンスを観ているような気分でした。

早く大人になりたいです。


『きみに読む物語』ニック・カサヴェテス(監督)
『私の頭の中の消しゴム』チョン・ウソン, ソン・イェジン(出演), イ・ジェハン(監督)
映画『ベティ・ブルー インテグラル』
映画『猟奇的な彼女』チョン・ジヒョン(出演), クァク・ジェヨン(監督)

LINEで送る
Pocket

  • himitsu

    ううう。。。お時間割いていただきまして、なんだか申し訳なかったですぅ そうですか。。。私(たち)独身にはちょっとハードル高い映画だったんですね 私はまだ観てませんがもし観ることがあったらこれ、ぜひ参考にさせていただきますね

    ちょっとおひさしぶりにのぞいたんですが。。。色々と大変でしたね 心よりご冥福お祈りいたします
    残り時間が少ない、とお書きになっていたと思いますが、なんというか、これもいい方向に変わっていくことになっていけば、と
    よい出会いがありますよう、陰ながら応援しております。。。
     

    • himitsuさん、コメントありがとうございます。
      登場人物が年配のためか、感情を押し殺したような演出が多いもので、独身の身では感情移入しづらい面がありました。
      映画自体は、映像もきれいだし、不自然な展開もないし、完成度は高いように思います。

      お気遣いいただいてありがとうございます。
      大きく人生計画が変わりそうですが、それも運命として受け入れていこうと思います。
      himitsuさんにもよい出会いがありますように、応援しています。