スポンサードリンク

先日YouTubeでパートナープログラムに参加してみたら、過去にアップロードした花火大会の動画が収益化できないという事象がありました。どうやら創作花火で使われているBGMについて著作権侵害の疑いがあるために収益化できなくなっているようだ、という推測をしました。

改めてYouTubeをいじっていたらはっきり確認できることがわかったので、その方法を書き留めておきます。

まずYouTubeにログインして「動画の管理」画面に移動します。
ログインしていると右上に表示されるユーザ名のボタンから移動できます。

20120901091438

自分がアップロードした動画の一覧が表示されます。
著作権侵害の疑いがある場合、「第三者のコンテンツと一致しました」というメッセージが表示されます。リスト上部の「表示:」欄がデフォルトでは”新しい順”になっていますが、”未収益化”を選択すると見付けやすいです。

20120901091439

第三者のコンテンツと一致しました」はリンクになっているのでリンク先を開きます。
動画に含まれている疑いがある他者の著作物について情報が表示されます。
“tsukematsukeru”、”Warner Chappell”などの表示が確認できます。

20120901091440

画面右側で実際の動画を確認できます。
確かにBGMはきゃりーぱみゅぱみゅの『つけまつける』です。

たぶん「同意します」ボタンを押せば収益化されるんじゃないかと思うんですが、許諾を受けていないので押せません(押しません)。許諾なしに同意すると訴えられたときに故意が推定されるんでしょうね。

技術的には権利者から楽曲サンプルの提供を受けて、動画がアップロードされるたびに音声部分に合致するものがないか突合しているんだと思います。確かに以前に比べてアップロード時に要する時間が長くなったような気がしていたんですが、そんなことを都度やってるとしたらとんでもない処理量になりそうです。むしろあの短時間でよくできるな、と思います。

YouTubeのようにグローバルに展開していると、各国の著作権に関する状況を把握して最も安全側に倒してサービスを組まないといけないわけで、これは相当な労力だと思います。技術的にも目に見えない相当な工夫がなされているんだろうと思います。

根本にあるのは年々厳しくなっていく著作権法の存在なわけで、もちろん権利者の正当な利益を守る必要があるのは間違いないのですが、一方で著作物の健全な利用が妨げられているように思えてなりません。


関連記事

花火大会の撮影動画はYouTubeで収益化できない(場合がある)

LINEで送る
Pocket