スポンサードリンク

最近話題の糖質制限ダイエットの本を読みました。

アラフォーになって年々腹回りの肉が落ちにくくなってきました。このままではメタボリックになってしまう。そんな恐怖を密かに感じていました。

元々あまりダイエットとかは興味がなかったのですが、世間で流行っている「これだけ食べればいい」系のダイエットは体に悪そうな印象を持っていて、そういうのに手を出そうという気はありませんでした。

しかしながら、糖質制限ダイエットでは、炭水化物の量を押さえれば何を食べてもよい、という話を耳にしました。これは比較的安全そうだぞ、と思いまして、ちょっと試してみようかと本書を手にしたのでした。

糖質制限ダイエットは、元々糖尿病の治療法として開発されたものです。医師でもある著者が、自身が糖尿病になったときに自ら試して寛解した経験から、糖尿病患者以外でも適用できるのではないかと研究したのだそうです。

本書は、主に、糖質制限ダイエットの内容(食べて大丈夫なもの、食べてはいけないもの)、効果的に糖質制限ダイエットを進めるための工夫、糖質制限がダイエットに繋がるメカニズム、他のダイエット法との比較などから構成されています。

糖質制限ダイエットの内容については、十箇条としてまとめられています。基本的にはこれを守るだけです。

  1. 魚介類、肉類、大豆食品(納豆、豆腐)、チーズなど、良質のタンパク質と脂質が主成分の食品をしっかり食べる。
  2. 糖質を控える。とくに白いパン、白米、麺類、菓子、白砂糖のように精製された炭水化物は極力取らない。
  3. やむを得ず主食を摂るときは、玄米や雑穀、全粒粉小麦でつくったパンといった未精製の穀物を少量が望ましい。
  4. 飲み物は牛乳、果物ジュースを避ける。成分未調整の豆乳、カロリーのないミネラルウォーター、番茶、麦茶、ほうじ茶などを飲む。
  5. 糖質含有量の少ない、野菜、海藻類、キノコ類は適量を食べる。果物の摂取は少量に留める。
  6. オリーブオイル、魚の油(EPA、DHA)は積極的に摂る。リノール酸の多い紅花油やコーン油、ごま油などは減らすように心がける。
  7. マヨネーズやバターは摂っても良い。ただし、マヨネーズは糖質が入っていないタイプを選ぶ。
  8. お酒については、蒸留酒(焼酎、ウイスキー、ブランデーなど)は飲んでも良い。醸造酒(ビール、日本酒、白ワインなど)は控える。
  9. 間食やお酒の肴などには、チーズやナッツ類を適量摂る。菓子類やドライフルーツは避ける。
  10. できる限り、化学合成添加物が含まれていない安全な食品を選ぶ。

出典:第一章「糖質制限食十箇条」

糖質制限ダイエットは三タイプあります。一日の三食でこれをやるのがスーパー糖質制限食です。朝か昼の一食は普通に食べて残り二食でこれをやるのがスタンダード糖質制限食です。夜の一食だけこれをやるのがプチ糖質制限食です。状況によってこれらを選んで自分のペースでダイエットを進めることができます。

私は元々夕食では炭水化物を摂らないようにしていたので、そもそもプチ糖質制限食を実践していたことがわかりました。朝食はしっかり食べたいので昼食でもちょっと制限してみようかと考えています。

ところが一つ問題がありました。私は基本的に昼食は外食しているのですが、お店で食べるものだとなかなか炭水化物を抜くということが難しいのです。特に昼食代を安く上げようとすると、牛丼とかうどんとか炭水化物の塊みたいなものを食べざるを得ません。

著者の場合は自分の病院で患者向けに糖質制限食の用意ができているので実践することができたようです。これは一般人にはなかなか難しいです。一番いいのは自分で弁当を作って持っていくことなのだろうと思います。

そんなわけで、とりあえず実態は理解できたのですが、実践するには少し工夫が必要な感じです。

糖質制限ダイエット自体、医者の間でコンセンサスが取れているものでもないようです。特に、最近になって取り入れられた手法なのでこれを何年、何十年続けたときに副作用がないかは誰にもわからず、あまり過度なやり方は危険かもしれません。

すでに図らずもプチ糖質制限ダイエットを導入済みだった私としては、次のステップに進むべきかは悩みどころです。

短期的に効果があるのは間違いなさそうなので、お腹周りに不安がある方にはご一読をおススメします。

LINEで送る
Pocket

  • himitsu

    私も糖質カットやってますよ よく聞くのが肉がオッケーでお酒も適量なら大丈夫だし男性はかなり効果が高いようです ただどうしても割高になってしまうんですよね ゴハンぬきでおかずでお腹いっぱいにするにはけっこうな量のおかずが必要になります あとやはり炭水化物は安くどこでも食べられるので それを抜くとなると お昼は定食屋とかでゴハンのかわりに冷奴にするとか? あるいは値段が変わらないと言われてしまってもフツウにたのんでゴハンを残すとか? おっしゃるように工夫が必要になります コンビニでおかず一品とフランク一本とかは手軽な糖質カットになりますが毎日お昼がコンビニというのもサミシイもので泣 自炊が苦にならないのならお昼に簡単な肉野菜炒めとかを持参するのもいいかもしれませんが でも麺類やどんぶりものなどの炭水化物ががっつりあるメニューに比べたら 糖質カットのメニューは食後の眠気もないし悪くないですよ 特に朝食は取り入れやすいです 多めのソーセージと目玉焼きを卵2つで とか よほどのメタボでもない限り急激な効果はないですが続けているとお腹まわりはスッキリを維持できます オススメですよ!

    • himitsuさん、コメントありがとうございます。
      そうなんです。ご飯抜きで十分に食べようとするとどうしても高くついてしまうんですよね。
      この本ではコンビニだとおでんがいいって言うんですけど、職場で昼からおでんは顰蹙買いそうです。
      やはり弁当持参が一番いいんでしょうね。
      教えていただいたことなど参考にして工夫してみます。