スポンサードリンク

みなさん小学校で音楽の時間に楽器の練習をやったと思います。学年が上がる毎に難しい楽器に変わっていって、自らの成長を実感できたようなできなかったような。私は音楽のセンスが絶望的に皆無なので音楽の時間は苦痛でしかありませんでした。

私が通った小学校では、以下のように習う楽器が変遷していきました。

ハーモニカ

メロディオン

ソプラノリコーダー

アルトリコーダー

で、この「メロディオン」という楽器が他の地域では通用しない名称だということを最近知りました。

メロディオンというのはこういう楽器です。最近のはもっとおしゃれな感じになっているようですが、この写真は私が使用したと思われる1982年型です。


【ガッキコム】スズキ・メロディオン開発の歴史

この楽器、一般名称では「鍵盤ハーモニカ」というようです。

調べたところ「メロディオン」は鈴木楽器製作所が製造販売する鍵盤ハーモニカの商品名でした。ちゃんと商標登録もされています。登録第1240421号です。

【商標登録番号】 第1240421号
【登録日】 昭和51年(1976)12月13日
【出願番号】 商標出願昭47-89942
【出願日】 昭和47年(1972)6月29日
【存続期間満了日】 平成28年(2016)12月13日
【商標(検索用)】 SUZUKIMELODION
【称呼(参考情報)】 スズキメロディオン,メロディオン,スズキ
【権利者】
【氏名又は名称】 株式会社鈴木楽器製作所
【住所又は居所】 浜松市領家2丁目25番12号
【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
15 洋楽器

どうやら世の中の大多数の人は鍵盤ハーモニカのことを「ピアニカ」と認識しているようです。確かに私も「ピアニカ」という名前は聞いたことがあるような気がします。しかし、今まで「メロディオン」と「ピアニカ」が同じ楽器を指しているとは知りませんでした。

「ピアニカ」はヤマハ株式会社が販売する鍵盤ハーモニカの商品名です。こちらも商標は登録済みで、登録第618501号です。

【登録番号】 第618501号
【登録日】 昭和38年(1963)6月24日
【出願番号】 商願昭37-1821
【出願日】 昭和37年(1962)1月24日
【商標(検索用)】 PIANICA\ピアニカ
【称呼(参考情報)】 ピアニカ
【権利者】
【氏名又は名称】 東海楽器製造株式会社
【氏名又は名称】 ヤマハ株式会社
【類似群コード】 24E01
【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
15 洋楽器

ヤマハ株式会社と東海楽器製造株式会社の共有になっています。Wikipediaによると、実際には東海楽器製造が開発した鍵盤ハーモニカをヤマハがOEM販売していて、その商品名が「ピアニカ」ということのようです。

どうも鍵盤ハーモニカはメロディオンとピアニカが二分しているということで間違いないようなのですが、特定の地域ですっぱり分かれるというのがちょっと納得いきません。

私の生まれ育った埼玉県入間市にはヤマハの音楽教室もあるのに、全市的にメロディオンが採用されていたようです。隣接する飯能市や日高市、狭山市あたりもメロディオンだという話を聞きました。しかし、ざっと検索してみると、埼玉県下でも北部の上尾市や北本市ではピアニカと呼んでいる形跡が見られます。

何か楽器メーカー間で協定のようなものがあるのでしょうか。それとも近場の教育委員会同士で情報交換があったりするのでしょうか。謎です。

あなたの町では鍵盤ハーモニカを何と呼んでいましたか?

LINEで送る
Pocket