スポンサードリンク

故あってドトールの経営戦略について調べる必要があったので、ドトール創業者、鳥羽博道(とりばひろみち)さんの著書を読みました。

鳥羽さんは1937年、埼玉県深谷市生まれ。9歳のときに母を亡くし、きょうだい5人の父子家庭に育ちます。鳥羽さんは長男として家業を手伝いながら学校に通いますが、16歳のときに家出同然で上京し、そのまま高校は中退します。

家でのきっかけは家業の収支が合わなかったことを発端とした父との喧嘩ですが、家にあった日本刀で斬りつけられそうになり命からがら逃げたという壮絶な体験があったようです。

上京した鳥羽さんは、まず新宿駅前のレストラン「キッチン清水」でコックの見習いをし、生まれて初めてコーヒーを口にします。その後、18歳のときにはコーヒー豆の焙煎加工会社に入社し、同社が経営する有楽町の喫茶店の店長を経験します。

ここで「一杯のコーヒーを通じて安らぎと活力を提供することこそが喫茶業の使命だ」と思い至ります。これが現在のドトールの企業理念にもなっています。

20歳の鳥羽さんは単身ブラジルに渡り、現地のコーヒー農園で3年間修業をします。このときリオで過ごした家が「ドトール・ピント・フェライス通り85番地」にあり、ドトールの社名の由来となりました。

1962年、帰国した鳥羽さんは24歳のときにコーヒー豆の焙煎会社として「有限会社ドトールコーヒー」を起業します。コーヒー豆の焙煎卸としては後発であったため営業には苦労しますが、2年間必死で働き経営は安定します。

1964年、さらなる安定を求めて喫茶店業へ進出することを決心します。しかし、新橋の物件を購入する際に相手側から契約違反をでっち上げられ借金して集めた開業資金700万円をだまし取られてしまいます。結局この借金を返すのに6年かかり喫茶業への進出は棚上げとなりました。

1971年、鳥羽さんはヨーロッパの喫茶業界を視察するツアーに参加します。シャンゼリゼ通りでカフェのカウンターに並んでクロワッサンとコーヒーを食べる労働者に感銘を受け、ドイツでは喫茶店の店頭でコーヒー豆の挽き売りをすることに衝撃を受けます。この体験が「やがて日本でも立ち飲みコーヒーの時代が必ずやってくる」との確信に繋がり、後のドトールの営業形態に繋がるのです。

1972年、鳥羽さんは念願の喫茶業へ進出します。それが「カフェコロラド」。コロラドは「明るく健康的で老若男女が親しめる店」をコンセプトにし従来の喫茶店のイメージを一新します。10年で280店舗という成長を遂げることに成功しました。コロラドは現在も全国に70店ほど展開されています。

1980年、トロールコーヒーショップ第一号店が原宿駅前にオープンします。わずか9坪の小さな店でしたが、「安く、早く、味はフルサービスの喫茶店に負けない」をコンセプトにして人気を博します。翌年には4店、3年後に20店、7年後には100店舗を超える成功を遂げます。

ドトールの開店には一つエピソードがあります。原宿店のオーナーは、本当はコロラドのフランチャイズ契約を希望していたのですが、狭い敷地と一級の立地を見た鳥羽さんは長年温めていたドトールを実現する好機とみて、「万一、失敗した時はドトールコーヒーが全額を補填し、さらに三倍の家賃を払って生活も保障する」と破格の条件を提示してオーナーを説得し、開店にこぎつけたのです。それほどまでに、鳥羽さんはドトールのコンセプトは世に受け入れられると確信していたのでした。

本書には鳥羽さんの強烈な人柄がよく表れています。まさに昭和のビジネスマンという感じで、ハングリー精神の固まりのような印象を受けました。コンセプトを大事にして細部まで徹底的にこだわり妥協しない姿勢が、国内最大のコーヒーショップチェーンを作り上げたことが、随所から感じられます。

正直言って一緒に仕事するのはしんどそうな印象を持ちましたけれど、学歴としては中卒の鳥羽さんが日本最大の外食チェーンを一代で作り上げたというのは純粋に尊敬しますし、もっと広く知られていてもいいんじゃないかと思いました。

LINEで送る
Pocket