スポンサードリンク

世の中には何らかのサービスを利用するにあたって、「業者にやらせる」といった言い方をする人がいます。

例えば、「運送業者に運ばせる」とか、「業者に直させる」とか。

私の個人的な体験の範囲では、消費者相手の仕事をしている人とか、社内向けの仕事をしている人とか、ろくに働いたことがない学生や主婦とかにそういうタイプが多い気がします。

こういう言い方をする人って端的に言えば、「金を払う方が偉い」って価値観を持っている人たちです。つまり、商取引がサービスと対価の等価交換であることを理解していない。

おそらく相手のサービスに対して自分が払う金額の方がはるかに尊いものだと思い込んでいて、その差分だけ自分の方が偉いと感じるのであろうと推測します。その差を埋め合わせるために自分が相手より一段高く位置付けているわけです。

だから、こういう人たちは買い物に行っても店員に対してナチュラルに偉そうな態度で接するし、自分の思い通りにならなければ瞬間的に激怒して、相手を威圧して無理を通そうとします。

そういう人を間近に見ると哀れだなと感じます。

ということで、私は「業者にやらせる」といった言い方をする人は大嫌いだし、それだけで一段レベルの低い人として扱うことにしています。

ま、私の叔父の話なんですけどね。

LINEで送る
Pocket

  • こんにちは。まったくその通りだと思います。
    同じように思っている人がいて親近感を感じます。
    歳も同じようですww

    • 管理者

      ひろさん、コメントありがとうございました。
      共感していただけたようで私も嬉しいです。
      今後ともよろしくお願いします。