スポンサードリンク

だいぶ前の話ですが、名栗へ山登りに行ったときのことです。

名栗というのは埼玉県飯能市の山間部の方にある自然豊かな町です。昔は名栗村と言いましたが平成の大合併で飯能市に吸収されました。とは言っても名栗川とか名栗湖とか名栗温泉とか、地名として多く残っていますので、地元の人はあいかわらず名栗と呼びますね。どうでもいい話ですね。

で、名栗湖近くのさわらびの湯駐車場から蕨山へ登って行ったわけなんですが、途中の湖を一望できる地点にこんな看板がありました。

「ダムの上にいる人がアリみたいにちっちゃく見えるよ。」

「人がアリのようだ」

「見ろ 人がゴミのようだ」

そう、ムスカ様と同じ発想ではありませんか。

この看板、割りと登り始めてすぐのところにあるんですが、これに気付いてから往復5時間の山道はこのことばっかり思い返してはニヤニヤ笑いながら歩く羽目になりました。

看板に書いてあった日付によると平成13年に立てられたもののようだったので、絶対わかってやってると思うんですけどね。どうなんでしょうか。

もし奥武蔵へ山登りに行ったら探してみてくださいね。

LINEで送る
Pocket