スポンサードリンク

10月1日にAmazonから見慣れないメールが届きました。

7月に書籍やパソコンのパーツなど7点を購入した際の注文番号が記載されていて、「出品者が規約違反していたので返金するから商品は処分してくれ」とのこと。

このたびAmazonマーケットプレイスにて購入された上記のご注文の出品者は、Amazonペイメントを介さずに銀行振込を促した上で商品を送らない、または代引き取引で直接取引するなど、当サイトの参加規約に違反した出品行為をしていることがわかりました。このため、当サイトにてご注文代金の返金処理をさせていただきましたので、ご了承くださいますようお願いいたします。もし、商品がお手元に届いた場合には、お手数ですが、お客様にて処分をしていただけますと幸甚に存じます。

今月のカードの利用明細にも確かに返品が記録されていました。

このときの注文はAmazon自身を含む複数の出品者からの商品が混在していました。返金されたのはこの日の購入金額全額(Amazonからの購入を含む)です。

で、問題なのは、この注文はすべての商品が確実に届いているということです。Amazonからは処分してくれと言ってきていますが、結果として代金を払わずに入手しているわけだし、無償でいいという話でもないから、このまま使い続けるのは法的に問題があるような気がします。

Amazonが返せと言ってくることはないでしょうけれど、出品者から返せと言われたらどうしたらいいんでしょうか。

何にしても不心得な出品者の尻拭いで大判振る舞いできるというのは太っ腹だなーと小学生並の感想を持ちました。

決算が大赤字だったみたいですがこんなことしていて大丈夫なのかと余計な心配もしてしまいますね。

関連記事

Amazonから謎のギフト券が届く

LINEで送る
Pocket