スポンサードリンク

2014年11月21日、衆議院が解散されました。2年ぶりに行われる総選挙は12月2日公示、14日投開票となります。

 安倍晋三首相は21日午後、衆院を解散した。首相は午前の閣議で解散を宣言し、全閣僚が解散書類に署名した。解散後の臨時閣議で「12月2日公示、14日投票」の衆院選日程を決める。衆院選は自民党が政権奪還した2012年12月以来2年ぶりで、「アベノミクス」など安倍首相の2年間の政権運営への評価が最大の焦点となる。

 首相は、景気低迷を理由に、来年10月に予定していた消費税率10%への再引き上げの1年半延期を表明。自民、公明両党は、生活必需品の消費税率を低くする軽減税率を消費増税と同じ17年度に導入することを目指す方針で一致した。一方、野党は実質賃金の低下や円安による物価高を指摘して「アベノミクスは失敗だ」(民主党)などと批判を強めている。

出典:衆院が解散、総選挙へ 来月2日公示、14日投開票:朝日新聞デジタル

私にとっては実家に戻ってきて初めての選挙です。実家を出る前、大学生のときに橋本龍太郎政権下で総選挙があったようで何となく両親と投票に行ったような気はするのですが、記憶が定かではありません。

地元埼玉県第9区の現職議員は、自民党の大塚拓さんです。丸川珠代氏の旦那さんですね。前回の選挙前には夫婦で入間市駅前に引っ越してきたような情報がありますが、確実に言えるのは地元で本人を見掛けたことは一度もないし、そんな噂も聞いたことがありません。若い割にネット上での発信はほとんどしていないようです。ネット選挙解禁となる今回、どんな動きを見せるのか楽しみです。

とは言っても、個人的には今回の解散はまったく意義がわかりません。安倍晋三首相は「消費税増税延期の信を問う」とか「アベノミクスの信を問う」とかいろいろ言っているわけですが、増税を延期して喜ばない人がいるわけないし、アベノミクスって財政出動・金融緩和・成長戦略の三本の矢でデフレ脱却を目指すものですから、たったの2年で評価できるような性質の政策ではないと思います。

朝日新聞の世論調査によれば解散理由に納得できる人は25%、納得できない人は65%だったそうです。むしろ全体の4分の1の日本人が納得してるのにビックリです。

 安倍晋三首相が21日に衆議院を解散すると表明したことを受けて、朝日新聞社は19、20日に全国緊急世論調査(電話)を実施した。この時期に解散・総選挙をすることに「反対」は62%で、「賛成」の18%を大きく上回った。消費増税の延期について「国民に信を問う」という解散理由に「納得する」は25%で、「納得しない」の65%が上回った。

出典:解散理由「納得しない」65% 朝日新聞世論調査:朝日新聞デジタル

私は選挙自体は好きです。選挙特番で知っている名前の政治家が一喜一憂している姿を眺めているといろいろなことが想像できて面白いです。回数を重ねるたびに知っている顔が増えて行くので面白くなっていきます。若い頃のことは覚えていませんが、記憶にある限りすべての選挙で投票に行っているはずです。

でも今回は何だか投票に行ったら負けのような気がしています。

直近の内閣支持率など見ても、現政権が負けるわけがないのです。野党は個々の政党ではどうにもならないのがわかっているから選挙協力を進めようとしていますが、候補者の調整に終始していて政策のすり合わせは二の次のようです。間違って野党連合が勝っちゃったら任期終了までの2年間、また民主党政権下のような地獄が待っているわけです。政治にあまり関心がなく目の前の生活で精一杯の庶民が冷静に考えるなら、政権与党に続投してもらう以外の選択肢はありません。

このタイミングで結果の見えた選挙に付き合わされるのは、なんだかものすごく政治家に利用されている感じがします。政権与党の自己満足のためにやる選挙としか思えないし、そんなことのために700億円の血税が投入されることには非常に疑問を感じます。

これに対して意を唱えるには強烈な低投票率を叩きつけるしかない気がするのです。私が伝えたいのは「現政権の路線は信任するけれど、このように選挙制度を利用するのは止めて欲しい」ということです。それは野党に投票することでは実現できません。このようなやり方を追認したと見られれば、次の政権が同じことをしないとも限らないからです。

やはり今回の選挙は投票に行ったら負けのような気がします。個人的な思いのために貴重な参政権を無駄にして欲しくないので特に呼び掛けるつもりもありませんが、50%を切るようなひどい投票率で終わってくれるといいなと期待しています。

LINEで送る
Pocket