スポンサードリンク

年末調整の季節になりました。

今年、私は前職の企業型確定拠出年金を個人型に移管し積み立てを開始しました。確定拠出年金には税制上の優遇措置があり、掛金がすべて所得控除されます。

掛金は全額所得控除の対象となります

 支払われた掛金については全額所得控除(小規模企業共済等掛金控除)の対象となり、所得税、住民税が軽減されます。
 毎年10月に、その年に支払った(または支払い予定の)掛金について連合会が掛金払込証明書を発行し送付致しますので、確定申告や年末調整(個人払込の場合)で所得控除を受けるときに添付してください。(初回掛金の納付が10月以降の場合、翌年の1月に送付します)

出典:税制上の優遇措置|個人型確定拠出年金

私のところにも国民年金連合会から払込証明書が葉書で届きました。通常の保険だと「新旧の区分」とか「保険の種類」とか申告書を書くために必要な情報が一通り記載されています。

しかしこの葉書、他の保険などと比べて非常にシンプルな記載で、払い込んだ金額くらいしか記載されていません。

これはどうやって申告書に記載するのかと迷いまして調べてみました。なかなかヒットしなかったんですが、わかってみれば簡単でした。

一般の保険等は左上の「生命保険料控除」の欄(青枠)に記入しますが、確定拠出年金の場合は右下の「小規模企業共済等掛金控除」の欄(黄色枠)に金額を記載すればよいです。

h26 nenmatsu whole

さらに言うと、「小規模企業共済等掛金控除」の中段、「個人型又は企業型年金加入者掛金」(黄色下線)です。

h26 nenmatsu zoom

以上。

意外と検索してもなかなかヒットしなかったのですが、皆さんいちいち調べなくてもわかるものなのでしょうか。

私の目が節穴なだけですね。

関連記事

個人型確定拠出年金には入るな
確定拠出年金を移行するならSBI証券かスルガ銀行
年金生活の親と同居したときに扶養家族にできるのか

LINEで送る
Pocket