スポンサードリンク

本日、2015年1月17日で、阪神淡路大震災から20年とのことでした。

当時から関東地方在住なもので、あまり実感はありません。そもそも神戸も新幹線で通過したくらいしかなく、どんな街なのかも伝聞による知識しかありません。

当時私は高校生で、記録上は家のあたりで有感地震があったようですが、目が覚めることはありませんでした。目が覚めて居間に下りると両親が大変な顔でテレビを観ていたことを思い出します。

当日は成人の日の振替休日が明けた火曜日だったので、その後私は通学したはずなのですが、どうにもその辺の記憶がありません。自分の周辺はそれくらい普通の日常だったのかもしれません。

ついこの間まで「震災」というと阪神淡路大震災を指す言葉でした。今東京で「震災」と言えば東日本大震災を指す言葉になりました。きっと次の20年の間に、また他の大きな震災がどこかで起きるんだろうと思います。私たちはそういう国に住んでいるということを忘れてはいけないと思います。

地震が起きることは避けられることではありませんが、地震が起きたときに被害を最小限にする努力は常に続けなければいけません。自分に何ができるのかはわかりませんが、せめていざというときに身の回りの人を一人でも多く助けられるように心身の準備を怠らないようにしたいと、思いを新たにしました。

LINEで送る
Pocket