スポンサードリンク

「お願い!ランキング」というテレビ番組の「美食アカデミー」というコーナーで川越達也シェフや森崎友紀女史に絶賛されたラーメン屋が近所にあると聞き、することのない日曜日の昼、立ち寄ってみました。

bikkuri1
▲美食アカデミー認定!

場所は入間市宮寺。最寄駅は西武池袋線狭山ヶ丘駅もしくはJR八高線箱根ヶ崎駅ですが、どちらも徒歩で行ける距離ではありません。小手指駅から宮寺行きのバスに乗れば目の前まで行けそうですが、一時間に一本くらいしか運行してない模様です。

車で行く場合には、国道16号と県道8号の合流する宮寺交差点から南に進み、県道179号の交差点を西に曲がって右手にあります。駐車場は店の前に2台分と少し先に4台分ありました。

テレビ放映当初はこんな辺鄙なところでも行列ができたようですが、私が行った時には日曜日の13時頃にも関わらず、店内にはカップル一組と家族連れ一組のみで、すんなり入店できました。

店内はカウンターが6席ほどと、座敷に4人席が3つほどありました。その後もちょこちょこ客の出入りはあったので、そこそこの人気は維持しているようです。

カウンターに座って、迷わず「男の油そば塩」を注文します。5分程度の待ち時間で出てきました。

bikkuri2
▲男の油そば塩、850円也

なかなかきれいに盛りつけられていてオシャレな感じです。店員さんが「しっかりかき混ぜてレモンを絞ってお召し上がりください」と仰っていたので、しっかりかき混ぜてレモンを絞りました。

bikkuri3
▲しっかりかきまぜてレモンを絞ったところ

油そばというよりも塩焼きそばみたいになりました。さっそく実食します。

うん。レモンの香りが爽やかで、サクサクと喉を通ります。具材も多彩で飽きがきません。最近は年のせいか脂っこいものが辛くなってきましたが、快調に完食できました。ごちそうさまでした。

メニューは「男の油そば」ですが、どちらかと言うと女性が好むお味のように思います。ビックリするほどの味とまではいきませんが、たびたび食べに来てもいいかなと思える秀作でした。

bikkuri4
▲年季の入った店構えが素敵でした


こだわりらーめん びっくり
埼玉県入間市宮寺611
電話番号:04-2934-3005
食べログ:http://tabelog.com/saitama/A1106/A110601/11023425/

LINEで送る
Pocket