スポンサードリンク

Katsura: Fried Shrimp

私は子供の頃から揚げ物はすべて食すようにしつけられました。例えば海老フライの尻尾とかアジフライの尾っぽとか残さずいただきます。

先日も知人とランチに行ってフライ盛り合わせみたいなものを食べたときに当然のように海老フライを尻尾側から齧っていたら「お前、すごいな」と言われました。彼の中では尻尾は食べるものではないようです。

これは以前から気にはなっていて、たまに飲みに行って話題がないときに質問してみたりするんですが、食べると言う人はほとんど出会ったことがありません。

個人的には香ばしくて美味しいし、カルシウムもたっぷり取れるし、良いこと尽くしだと思っています。だから、なぜみんな食べないのか理解ができませんでした。

そんなこんなで長年モンモンとしていたので、急に思い付いて調べてみました。インターネットってすごいですね。色々な情報がゲットできました。

痛いニュース(ノ∀`) : エビフライのしっぽ食べる? – ライブドアブログ

2007年に読売新聞が調査した結果に対する2ch上の反応です。読売の調査結果は81%が「いつも食べる」。ソースが発言小町なので主婦層が多数と考えられるので、全体よりは多めに出そうな気がします。

一方で2ch上の反応は否定的なものが多数です。若い独身男性が多数のイメージなので、私の周辺の人間たちが属するクラスタはこちら寄りなのだろうと思います。

RPデイリサーチ – あなたはエビフライの尻尾を食べますか? – アンケート回答ページ | リサーチパネルモニターサイト

こちらはアンケートサイトの調査結果です。回答総数が179,180件なので、かなり信頼できるアンケート結果なのではないでしょうか。「食べる」「食べる時と食べない時がある」を併せて70.2%。こちらも食べる人が多数派でした。

エビフライの尻尾は食べるものですか? – Yahoo!知恵袋

最後にYahoo!知恵袋のこの質問に対する回答が素敵でした。

<理由>殻やしっぽに多く含まれているアスタキサンチンは、血液中で悪玉コレステロールが活性酸素によって酸化され、血管壁に付着するのを防ぎ、さらに血管壁に付着してしまった悪玉コレステロールを取り除いてくれるからです♪

アスタキサンチンは魚介類に含まれる赤い色素で、甲殻類の殻や真鯛の体表、鮭の肉などに多く含まれるようです。抗酸化力が強く活性酸素を抑えるのでメタボ、眼球の光障害、悪玉コレステロールに効果があるようなことが書いてありました。

そんなわけで、身体に良いみたいなのでみんな堂々と海老フライの尻尾を食べましょう。

ちなみに私もさすがに寿司や刺身の生の尻尾は食べません。念のため。

LINEで送る
Pocket