スポンサードリンク

午後から汐留方面に用事があり大江戸線に乗り換えるために練馬駅で降り立ったところ、ちょうど昼時であったので駅構内に看板があった『肉そば屋』さんへ寄らせてもらいました。練馬駅北口徒歩1分で交通至便です。

最近はいわゆる家系のチェーンっぽいラーメン屋をよく見掛けますけれど、店構えの雰囲気はまさにそんな感じです。実際ざっと調べたところ3軒くらいは支店がある模様。どこが本店で支店かはわからなかったのですが。

IMG_0376
▲オーソドックスな店構え

店内はカウンターが10席くらい?とテーブル席が1卓。計15席程度というところ。店内に入って右手に食券機が設置されています。液晶タッチパネル式のなかなか良い券売機でした。

とりあえず初めての店では定番メニューを食べることにしたので『初代醤油豚骨肉そば』とやらをオーダーしました。麺の固さや脂の量、にんにく入れるかなど、一通りのオプションも券売機でオーダーする仕組みになっていました。この後人に会うのでにんにくは抜き、お腹を壊すのも怖いので脂少なめでお願いしました。

訪問したのが12時前後だったと思いますがカウンターにはサラリーマン風の方たちで埋まっていて、辛うじて2席くらいが空いている状態でした。立地が良いのもありましょうが、なかなか人気のお店のようです。

10分ほど待ったでしょうか。丼がやって参りました。

IMG_0375
▲初代醤油豚骨肉そば、750円也

あまり横浜家系のイメージとは異なる一品です。やはり一面に敷き詰められた肉が気になります。また月見そばよろしく中央に鎮座まします生卵がインパクトあります。どんなタイミングで割ったらいいのか、ワクワクしますね。

食してみれば濃厚な豚骨醤油に太めの麺、ほうれん草と海苔のトッピングで完全に家系ラーメン。スープは濃い目でむしろ脂の抜けた小間肉のおかげで塩辛過ぎないバランスを保てている印象。全体的に味が濃いので半ライスくらい頼んで中和する方がよかったかもしれません。

家系のテイストを踏襲しながらあまりラーメンには使わないような肉をトッピングしていて新しい発見があります。あまり頻繁に降り立つ土地ではないのですが、機会があればまた寄って、今度は違うメニューも試してみたいと思います。

店舗情報

肉そば家 練馬店
東京都練馬区練馬1-18-2
電話番号:03-3994-1129
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132102/13166411/

LINEで送る
Pocket