スポンサードリンク

2015年7月15日、奇しくも終戦70年を1か月後に控えた本日、集団的自衛権の行使を可能とする安保法制が衆議院特別委員会で採決されました。今後は衆議院本会議を経て参議院に送られ、9月末で延長された今国会中に成立する見通しです。

個人的には安保改正は必要な手当てだと考えており、詳細な規定ぶりに異論はありつつも改正の趣旨自体は賛成しています。しかしながら手続き論として、違憲の疑いが極めて高い法案を政府解釈の変更のみで押し通すやり方や、解釈変更の根拠とする砂川判決の曲解もしくは詭弁を見るに、このような強引な政権運営は将来的におかしな前例となりかねず、断固として反対したいと考えています。

一市民の我々としてできることはあまり多くありませんが、確実にできることは次回の選挙において投票で意思表示をすることです。そのためには地元選出の議員がどのような動きをしているのか、しっかりと監視する必要があります。

ということで、手始めに件の特別委員会のメンバーがどんな人たちなのか、チェックしておきます。リンクだけでいいかもと思ったのですが、いつまで情報が残るかわからないのでスクリーンショットを取らせていただきました(画像クリックで大きくなります)。

iinkai

出典:委員名簿 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会

私の地元は衆議院埼玉9区で、自民党の大塚拓氏が選出されています。丸川珠代参議院議員の旦那さんです。とりあえず大塚氏はメンバーではない模様です。まぁ丸川珠代氏は自民党の広告塔としてご活躍ですから立場的に派手に造反するわけにもいかないでしょうけれど。

明日の本会議ではどれくらいの党議拘束が掛かるのかわかりませんが、しっかり見届けたいと思います。

LINEで送る
Pocket