スポンサードリンク

東京五輪エンブレムの盗作疑惑が尾を引いています。デザイナーの佐野研二郎氏が記者会見で盗用の事実をきっぱり否定したことで鎮火するかと一旦は思われましたが、その後、サントリーのノベルティグッズで盗用が発覚し、再び疑惑が吹きあがっているようです。

五輪エンブレムに限定して考えると、盗用を主張するベルギーのリエージュ劇場のロゴは商標登録されていないので商標上の問題はなく、著作権に関しても部分的に類似した要素はあるにしても日本での周知度など考えれば依拠性は認められづらいのではないか、と個人的には考えてます。

と言っても著作権侵害かどうかは裁判所が判断することなので著作権侵害とされた場合も考えておく必要はあるでしょう。仮に件の五輪エンブレムがリエージュ劇場のロゴの著作権を侵害している場合、著作権制度の下で損害賠償等行う必要があるのは当然ですが、商標権がどうなってしまうのかも問題となります。

言い替えると、他人の著作物を勝手に商標登録した場合、その商標権はどうなってしまうのか、という問題です。

商標法第29条には、登録商標が他人の知的財産権と抵触する場合の取り扱いについて規定されています。

(他人の特許権等との関係)
第二十九条  商標権者、専用使用権者又は通常使用権者は、指定商品又は指定役務についての登録商標の使用がその使用の態様によりその商標登録出願の日前の出願に係る他人の特許権、実用新案権若しくは意匠権又はその商標登録出願の日前に生じた他人の著作権若しくは著作隣接権と抵触するときは、指定商品又は指定役務のうち抵触する部分についてその態様により登録商標の使用をすることができない。

文言上は「使用をすることができない」とありますが、「(権利者の許諾を得なければ)使用をすることができない」という意味です。これは工業所有権法逐条解説(いわゆる青本)にも書いてありますので、特許庁の公式見解です。

抵触する場合に、その部分の使用をしたいときは、特許権、実用新案権又は意匠権については実施許諾を得ればよいし、著作権については出版権の設定等を受ければよいのである。

出典:工業所有権法逐条解説、第19版、1380頁

つまり、仮に五輪エンブレムがリエージュ劇場ロゴの著作権を侵害すると判断された場合、五輪エンブレムを使用するときには著作権者から許諾を得る必要があるということです。

法文上主体は通常使用権者も含まれるので、スポンサー企業は東京五輪組織委員会からエンブレムの商標使用権を得た上で、リエージュ劇場ロゴの著作権者の許諾を受ける必要があります。実務上はそのような契約は煩雑なので、東京五輪組織委員会が著作権者から再許諾権付きのライセンスを得て、スポンサー企業が個別に著作権者と交渉しなくてもいいようにするでしょう。

一部ではリエージュ劇場のロゴに著作権があり、無断で商標登録したら無効になるようなことを言う人がいたようですが、これは誤りです。他人の知的財産権と抵触することは商標登録出願の拒絶理由や商標権の無効理由とは規定されていませんので、商標登録が無効になることはあり得ません。

 いくらいま商標権がこっちにあったって、それに自分たちの著作権が無ければ、商標権は取り消しになる。これ以上は、もう無理だ。日々刻々、国家予算を使って、損害額が果てしなく拡大していく。そうなったら、取り返しがつかない。著作権違反のものなど、偽ブランド品と同様、すべて破棄処分しないといけなくなる。すべてがゴミになる。

出典:東京オリンピック・エンブレムはもう無理筋 – INSIGHT NOW!プロフェッショナル

商標権は取り消しにはならないし、侵害品を廃棄しても過去の損害賠償が帳消しになるわけでもありません。この件、妙に強い言葉で煽る人たちが散見されるのが大変気になります。冷静に現実的な対処をお願いしたいものです。

LINEで送る
Pocket